2017年5月 2日 (火)

極寒のソウルへ〜その7

この日も再び大学路へ。

前日はデモの人の波で、街の雰囲気を味わえずにいましたが、この日は本来の姿?を取り戻しているかのよう。

落ち着くな〜










相変わらずのクリスマス&ハッピーニューイヤー仕様(笑)

この日は「バンカートリロージ」の中のmorgana










これがキャストボードなんてお洒落過ぎ〜


ホント数日前まで何を観るか?悩んでた。
ストーリー・オブ・マイ・ライフで初ダヒョン様にしようかと思ったけど、冷静に考えると、評判がいい=私が好きとは限らない。

やはり演劇かな〜

いくつかの候補の中からこちらに。
前のカポネトリロージがこの劇場で面白かったのと、
未だみたことがなかったイ・ソクジュンさんとシン・ソンミンさん。
ソンミン ぺウはジェボムさんと伝説のコンサートに出てらした時に観ていたけど、作品としては初。

ただこのトリロージ(=三部作)、もちろんすべて初の作品なんだけど、この回が一番売れてない感じ?で(笑)

「マクベス」がシェイクスピアに絡めてあって一番気にはなっていた。まあしょうがない...

カポネの時も入り口から劇空間になっていてとても素敵だったけど、今回もさながら防空壕に迷い込んだよう。

天井が低い劇場の空間がこの作品にはとてもあっていた。
スラスラとここにあらすじを書けるほど、理解をしていたのかわからないけど、なんだかゾクゾクする作品でした。

戦争の最中、閉ざされた場所にいる。
そんなありえない場所で女に会う。
幻なのか?

自分の妻?恋人?が実は自分の仲間とも情を交わしている...

仲間が戦死して残されたものが、その状況に息苦しさを感じながら見るはずのないものを見て、バランスを崩していく...

記憶が曖昧になってしまっているところも多いのですが、その閉塞感、追い詰められた人間の姿そんなものが露わになり、胸が痛かった。
最後にソンミン ぺウが、死んで行った仲間たちの名前を呼び続ける姿が今でも胸に迫ります。

本当に面白かったし、もっと見たかったし、3部作コンプリートしたかった。
戯曲も読んでみたいし(日本語でね)日本でも上演してほしいな。

かなりのストライクに飛び込んだ作品に出会い、大満足な旅に❗️やはり私は演劇の方が相性がいいのかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

極寒のソウルへ〜その6

翌日。もう最終日。
教保文庫へ。
前日のデモがすごかったから果たして光化門のあたりは?と恐る恐る、直結の地下鉄を利用して。

意外にも静かでした。
人が集まってくる様子もなかったし。
さっくりお買い物をし、これなら大丈夫かな?と大好きな三清洞へお散歩。
まだ時間が早かったので、お店もこれからって感じ。
何軒かギャラリーのぞいたり、私のソウル〜って気分に!(笑)

小腹がすいて来たので、大好きな三清洞スジェビへ。

とにかくここのスジェビが好き❤️
必ず完食。この日ももちろん〜










一度遅い時間に来てドンドン酒飲みながら、ピンデドックも食べてみたい〜野望です。(笑)

お腹もココロも満たされました。
時間が早くて、伝統茶のお店が開いておらず寄れなかったのがちょっぴり心残りだったけど



鳥たちが肩を寄せ合っている姿。なんか休日〜って気分満載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極寒のソウルへ〜その5

だんだん思い出してきた(笑)

おひとりさまの夕食をどうしようかと悩みながら地下鉄に乗ってしまい...ふと東大門にあったスンドゥブとマッコリのお店を思い出した。しばらく足が遠のいていたけど、美味しいし、マッコリもたくさん種類があるからお一人のみもいけるわーと訪ねてみるとっ!
ガーーーーーーーン!無くなってました。
調べてみたら随分前に閉店してしまっていたみたい。

寒いから当て所なく歩くのも辛くて、「東大門」「スンドゥブ」で検索したら近くにお店が。そこを訪ねてみることに。

2階にひっそりとあり、入りやすい感じではなかったけど...coldsweats01

時間も中途半端だったのでお客もいず...

とりあえず注文。
チョルミョンスンドゥブなる、他では見かけないメニューを注文。

なんか間違えたものを作ったらしく、違う違うとかのやりとりが聞こえてくるcoldsweats01

そして無事に登場。
美味しいーーーー。
ご飯も久しぶりの石窯バージョン。
ヌルンジが楽しめるようお湯も置かれてました。





こんな行き当たりばったりの探索も意外に悪くないかもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

極寒のソウルへ〜その4

遠い記憶を呼び起こしながら...

極寒、そして凄いデモをくぐり抜けいつものデミョンへ。
MDはほぼ売り切れ。
公演始まって1ヶ月もたたないのに売り切れって...think
基本、プログラムやOSTフォトブック的なもの以外は買わないのでいいんだけどね....
(もちろんプログラムなんてまだ姿形も見えず...)

어쩌면 해피엔딩

この度のメイン。



ヘルパーロボット・オリバーが🤖古くなっていわゆる引退している。でも元の主人はきっとまた自分を必要とする時がくる。それを待って毎日を過ごすところに、同じヘルパーロボットの型違いの女の子・クレアと出会う。
二人はやがてオリバーとクレアはまるで人間同士のように恋に落ちて行く。だけどクレアはだんだんと故障が多くなっていき、ついにはリセットしなくてはいけなくなる。リセット=記憶も消える。クレアはオリバーを忘れてしまうけどオリバーはクレアを覚えている...ってとてもシンプルなお話(だいぶ端折ったけど)






思わず涙も流したし...でも私には甘すぎだったなー。
後半は連日売り切れの大ヒットだったけど、私はこの作品のためにもう一度ソウルに行こうとは思わなかった。
何よりこの作品のジェボムさんが、もちろん、相変わらずうまいけど、でも、今これでなくてもいいんじゃない?というのが私も本音でした。

好みはいろいろ〜だいたい、みんなが好きなヨボショもちょっと苦手な私。キレイに物語が終わるのはあまり得意じゃないかな。

マチソワして完結しました❗️

本当は土曜日は退勤があるという話だったけど、まさかの寒波に阻まれ、あっさりご挨拶だけになりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

新たな出会い

어쩌면 해피엔딩の肝心の感想も書かないうちに、
再びソウルに飛びました。
3ヶ月ぶりだから久しぶりなんだけど〜(笑)

職場に一生のお願い❗️

をして、平日木曜日から〜。
今回は(今回も?)ぼっちのひとり旅。
韓国の友達が食堂を始めたので様子を見に行くらいで、
ずっとぼっちかなと思っていたら〜
新たなボムさまペンの方と交流を持てました。

おかげで観劇後にチメクしたり、大劇場ひとりでドキドキしてたら、ご一緒できたり、旅が潤って素敵な時間になりました。
同じビール好きという共通点がまた嬉しい〜




新たなお仲間?からチケッティングについても享受していただき...目ウロでございました。


いよいよ決戦の時は明日です

なんかすでにナーバス。
午前中の会議大丈夫かな...

とりあえず、1枚❗️
一生のお願いをすでに使ってしまった私に残される道は1泊2日。
神様!仏様!マリア様!
どうか、どうか❗️

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

極寒のソウルへ〜その3

食事を終えてバスで大学路に向かうことに。
ちょうど小さなマウルバスが。

マウルバス初めて乗ったけど、マイクロみたいね〜

普段だとこの道はそんなに渋滞に阻まれることもないんだけど、何だか珍しく進まない。
そして、どうやら交通規制をしているよう...
2車線の道路が1車線づつになっている?

なんだかデモ?

バスも行き方変更?
いきなり左折❗️
皆さんが降りるのに出遅れたけど、「アジョッシ!チョドネリルケ」と叫んでおりました。






マロニエ公園に近づくと物凄い人。
車両で設置されてる巨大モニターが2つ。
光化門あたりと中継で結びながらのデモの様子。

あんまりよく聞き取れなかったけど、「アメリカの支配下に屈しない!」「大韓民国、万歳!」

この日は、本当に寒くて寒くて....そんな中、主に60代くらい?のアジョッシ、アジュンマが。

今の日本では考えられないようなパワー?

横断歩道を渡るのも一苦労の人の波なので、地下鉄の駅をくぐろうとしたら大失敗。
みんな暖をとろうとしていたり待ち合わせて居たり?駅員さんが「止まらないで❗️」と注意と誘導。

何十回と来ているソウルでこんな経験をするとは...本当に驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

極寒のソウルへ〜その2

夜中にやはり寒さを感じて目覚めました。

エアコンつけて寝ないと無理みたいね。
乾燥が苦手だけどここで風邪を引くわけにはいかない。

それでも、当日入りのような早起きが必要ないのは快適で、ゆっくりの朝。



簡単にホテルの朝食をいただき、まずは明洞で買い物。
今回は化粧品を補充。
割と調子がいいので、innisfreeのオリーブライン。
そして前回色を間違えたクッションファンはオリーブヤングで。
両親が大好きなハニーバターくるみを購入。



こんなかわいい加湿器の数々〜欲しくなってしまった。



一度ホテルに荷物を置きに行き、今度は昼食。
バスで鐘路5街へ。

バスを待つ間、凍え死ぬかと思ったほど。
ダウンのフードをすっぽり被り、それでも寒い😵...

寒さを癒すのにはやはり温かいもの!
この日は以前、チングがツイで紹介してた鶏ククスを食べに。



駅のすぐ近くと聞いていたけど、そこはデビルの公演の時一人で入ったお店が無くなって新しくなった場所...

そこでククスを食べて、私の韓国のククスが名誉回復を遂げた店だったので、ちょっと複雑。

新しいお店は明るく清潔。
そんなに混んでなかったので、鳥インフルエンザの流行のせいかしら?と思っていたらそのあとは続々と。
ニンニクが結構効いてるよ〜と言われていたけど、まさに!これが元気の秘訣?

お肉も柔らかく、ククスもコシがあって美味しかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

極寒のソウルへ 〜その1

昨日で幕が下りた「어쩌면 해피엔딩」

気がつけば、連日満席の大ヒットの中、完走した作品。

途中、クレア役のジスクさんが体調不良で休演、降板するなど、決して順風満帆とは言えない中で、よく走りきったなぁという感想ですが...

私は、ソウルに大寒波がやって来た1月にジェボムさんのオリバーに会うためにソウルへ飛びました。

12月に渡韓したので気分的には2月くらいの方が良かったのだけど、前半のスケジュールでジェボムさんのキャスケが土曜日2回が多かったのでここで決めた方が安全かな..と。
韓国の旧正月、日本の連休を除くと絞り込まれる日程は決まってしまいましたcoldsweats01

ものすごーく心配性の私。
何が一番心配かって?そりゃ、この時期は雪です❄️
雪で遅れる。雪で飛ばない。
それを考えるだけで具合が悪くなりそうで...

なので当日入りは避けたく、金曜最終便でソウルに入りました(有給とかそういうのがある職場ではないので、1時間早く早退させてもらうのもいろいろ大変coldsweats02)

お茶する時間もなかったから、機内食が夕食に。
お腹が空いていて、珍しくたいらげました。

お供は白ワイン〜

とても順調に到着し、ホテルには遅くなるけど必ず行くからね、と連絡をしておいたため、チェックインの時パスポート出したら、「大丈夫、わかってるから」って(笑)
定宿っていいなって思いましたhappy01

-6℃と言っていたけど、ANAの機内も、空港鉄道も暖房が効きすぎていたので、ひんやり気持ちがいいように思えたかな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

また会えたね〜その5

「ブラックメリーポピンズ」が終わり、この日の夜は再び「オールドウィキッドソング」を観に劇場を移動。
すぐ近くなのに、なぜか道を間違えるパボな私。
引き返して歩いていると....そこで奇跡が❗️

この日は夜公演の後退勤がない告知が出ていた。
最後にまた舞台の外の姿は見れないのね...と思っていたのですが
前から歩いて来たその姿は....
コートを翻して颯爽と歩くその姿は、まさにジェボムさんそのもの。息が止まった。

もちろん声をかけることはしなかったけど、とてもナチュラルな姿を見ることが出来て、幸せな気分heart

神様ありがとうshine

この日の夜は、マシューがアン・ソクファンさん。
どうしてもこのペアで観たくて、職場に無理を申し出て帰国を月曜にした。
アン・ソクファンさんは花男のチャンディのパパ。
そんなこともあって数年前に「笑いの大学」をこの方で観てその実力に大きな感動を得た。



そして、今回。
さすがとしか言えなかった。
まず役のアプローチが全く違う。
当たり前に本を読まないんだな。
普通に先生を演じない。
2015年のオルソンではスティーブンの心がどんどん柔らかくなっていったけど、このオルソンではスティーブンのであったことで、マシューは暗い過去から解き放たれた感じという感じ。
ラスト近くでスティーブンがマシュの肩を抱くシーンのソクファンぺウの表情とそれによって引き出されたジェボムさんのスティーブンの姿は今でもはっきり眼に浮かぶほど。

ユダヤ、ナチ...その計り知れない狭間の中で生きて来た一人の男が一人の学生との出会いによって救われた姿をこんなふうにこの人は見せるんだなと...短い公演期間だったのにこのペアを観ることが出来たことを神に感謝したい気分でした。

終わってから、一人で、行ってみたかった食堂へ。
キムチチゲ美味しかった〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

また会えたね〜その4

次の朝目覚めると気持ちが悪い...

ワタシ、海外で具合悪い?...
急に不安...

でも無理やリ吐こうとしても出てくるものもなく...

食べてるつもりでも、ああいう場ではあまり食べてなかったのかな?

なんかお腹に入れるかと、ソルロンタンみたいな(その店はソルロンタンとは書いてないのだ...)ものを食べてみると意外に食べれて...やはり二日酔いだったみたいcoldsweats01



この日は大学路で2本立て。
1本目は念願の?「ブラックメリーポピンス」
2年越しでございます。
この日はヘルマンがソンウくんで、それで観劇を決めました。

感想は、なるほど〜って感じかな。

今回お目当のソンウくん。
彼を観るのは3回目。
そして思ったこと。
感性がとても繊細でステキだけど、声も細くて...
Mナビ見たときにも気になったけど、あの時は女装してる時間が長いからそのせいかなと思ってました。

あの声の細さは、彼の持ち味だったとは...

もう少しパワーが欲しい時はちょっと物足りなく感じるかな。
十分に魅力的な俳優なだけに、期待をし過ぎて、もっと違う彼を観れるのかもと思っていただけに...ちょっと残念だったけど、きっとそこを補う何かを見つけた時に、すごい俳優になるのかな、なんて、思ってしまいました。

内容をどれだけ理解できたかはわからないないけど、美術や楽曲はとても良かった。
ただ演出は若干消化不良でしたが。

でも観れて良かった。
心残り一つ解消できました



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サプライズで幸せな気分