« 鬼はそと〜、福はうち〜 | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダースの進化・・・・ »

2010年2月 7日 (日)

イ・ドンウクという俳優について・・・

『パートナー』という韓国ドラマを見ました。
全16話のミニシリーズ。いわゆる、弁護士ものです。
が・・・、一人の弁護士の成長ものという単純なストーリーだけでなく、背景には企業にもみ消され、ねつ造されたた事件(公害問題)。それが、原因で自分の旦那さんを亡くした主人公と、その問題に関わっていた相棒の弁護士。
それが、キム・ヒョンジュとイ・ドンウク。

とにかく、面白かった!!

人としての心の関係が細やかに描かれているし、一つ一つの案件に取り組むうちに、キム・ヒョンジュがどんどんと成長し、イ・ドンウクとの関係が縮まって行く様子が心地いい・・・。

その他、兄弟の問題、家族の問題、男女の問題・・・それぞれの抱える心の屈折。
なんだか、共感できるような心のトラウマがあったりと、だからこそ、最後には残酷になりきれなかったり・・。

オススメです。sign04

実を言うと・・・イ・ドンウクは好きでした。shine
過去形??
『マイガール』というラブコメディで、ソル・ゴンチャン役のドンウクにheart02
でも、そのあと、すぐにミンギに心変わりして・・・coldsweats01

ただ、一度気になった人はやっぱり特別なので、ドンウクの作品は、見ていた。
『甘い人生』や『その男の本、198ページ』など・・・。

正直、彼はあまり器用な俳優ではない。そして、ほとばしる才能にあふれたタイプでもない、と私は思う。
『甘い人生』で、心の闇と闘いながらも、人妻と恋に落ち・・・そして、結局は自ら死を選ぶしか道を見つけ出すことの出来なかった青年を演じていた時・・・どんどん痩せていって、見ているこちらがつらかったけど・・・。
凄く不器用で、でも、多分すごく真面目で、自分自身を追い込んで追い込んで、がんばってがんばって・・・。でも、何か突き抜けるとこまでは行けてない気がして・・ミルキーボーイ(色白でかわいいところからこんなニックネームが・・)はここまでなのかな・・・、なんて正直思ってた。

しかし・・・・・・
努力は実を結ぶ?のか・・入隊を前に、何かが変わったのか?
ふっと、扉が開いたというか・・・俳優のこういう変化はホントおもしろい。

苦しい役に続けて取り組むうちに、彼自身が何かをみつけたのかなー、なんて思わせてくれる作品でした。
このドラマの後、映画を1本撮って、兵役についたけど・・・2年後、さらに大きな姿を見せてくれるのかなと、待っていたいなーなんて思ったのでした。

機会があったら、ご覧あれ!


ただ、視聴率はいまいちだったみたい・・・。down

視聴率は、日本も韓国も、作品のクオリティーだけじゃないんだねー。think


Img87a49798zik0zj_3


|

« 鬼はそと〜、福はうち〜 | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダースの進化・・・・ »

韓流」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/33286323

この記事へのトラックバック一覧です: イ・ドンウクという俳優について・・・:

« 鬼はそと〜、福はうち〜 | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダースの進化・・・・ »