« おひとりさま、韓国の旅〜その1 | トップページ | 進化しているらしい・・・ »

2010年4月21日 (水)

おひとりさま、韓国の旅〜その2   <追記あり>

狎鷗亭洞のカルロスギルを散策したところまでは、前回アップしましたが、そこを通り抜けて、潔く
新沙駅に向かえばよかったのだけど、狎鷗亭駅に行こうとした私は、なんか迷子の気分に・・・
後から考えれば、間違ってはいなかったみたいなんだけど、カルロスギルが思ったよりも、狎鷗亭駅より
かなり離れてしまう地理だったよう・・bearing
心細くなり、タクシーを拾い、大学路まで・・・。

お芝居の開演までに、夕食を済ませることに・・.
以前にも行ったことがあるナクチ専門のお店へ。ナクチは韓国語でタコのことです。
今回は一人だったし、お芝居を見る前なので、お酒は飲まないから、ナクチポックンは食べずに、
ナクチビビンバを・・。辛いのが好きならこれがオススメと言われたので・・。
P1030119
運ばれてきた時はこんな感じ。맛있겠다note
P1030120
混ぜて混ぜて・・・いざ、頂きまーす

確かに、本当に辛い!!
でも、おいしい!!  多分、ビールでも飲んでいたら、全部食べれたと思うんだけど、唇がひりひりして、完食はならずでした。でも、また、食べたーいnote
実は、このお店、ナクチポックンを食べに母と一緒に来たことのある、大学路の裏手にあるお店。
お店の中はかなり雑然としてるけど、ホントにおいしいし、何よりお店の人が感じいいのよー。
今回も、『2年ぐらいまえに母と一緒にきたんです。おいしかったから、また来ました。』と言ったら、凄く喜んでくれました。また来ます!と約束したら、デザートのアイスキャンディをくれました。
辛いもののあとの、チョコ味のアイス、嬉しかったな。

その後、しばし劇場街をふらふらしてたら、私のお気に入りの雑貨屋さんがなくなっていることが発覚!がーーーんwobblyここで、かわいいカードなどを買うのが好きだったのにな。

気を取り直して、本日のお芝居の劇場へ。
今回1本目は、三谷幸喜作「笑の大学」
実は、私この作品観たことがないので、内容は全く知らなかったんです。

P1030126
韓国版のポスターです。今、大学路と江南二ヶ所で上演中。

P1030121

本日のキャスト。左のアン・ソグァンは『花より男子』のチャンディのお父さんだった人。
韓国は、ロングランで公演が行われることが多いので、大抵トリプルキャストなどで行われ、
その日その日で出演者が変わる。このアン・ソグァンの出演日を選んで観てみることに・・。

二人芝居の公演で、こんな内容だったのかと、韓国語で観ることによって、素直に内容を受け入れることが出来ました。
特に、脚本家役を演じた、チョ・フィボンがなんか哀切でした・・。
この日は、平日だったせいか、観客は1/3くらいしか入っていなかったのが、寂しかったな。
へとへとになりながらも、観てよかったです。

|

« おひとりさま、韓国の旅〜その1 | トップページ | 進化しているらしい・・・ »

ソウルno旅」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/34320037

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさま、韓国の旅〜その2   <追記あり>:

« おひとりさま、韓国の旅〜その1 | トップページ | 進化しているらしい・・・ »