« お国柄・・・? | トップページ | SS501、ついにカムバック!! »

2010年6月 3日 (木)

本日、劇場にて

演劇に何を求めるかは・・・何の為に劇場に行くのか・・・、人それぞれだと思います。

あくまでも、私はですが・・・
当たり前の、お茶の間物語を観るなら、何も劇場という空間に足を運ぶ必要は無いと思っています。
ひねりの無い笑いやお涙ちょうだい芝居を、なにも好き好んで、時間を作ってみる必要は無いだろうと・・・
そもそも、笑わせてやろうとか、泣かせてやろうとか・・そんな意図で作られたものは生理的に受け入れられない・・.

表現者(書き手も演者も)の志を感じる何か・・に出会う為に、
そこで心をガシッとつかんで欲しいから・・・
私にとっては、観て、何かを感じ考える・・その過程の一つ一つが宝物です。shine


本日観た、南河内万歳一座「びっくり仰天街」面白かったです。
堂々巡り、巡り巡るもの・・・。
記憶に新しい事件から、書かれた戯曲ですが・・
結局、人間生きている中で、答えの見つからないものってたくさんあるような気がする。
どこかで折り合いをつけているだけで・・・
時に堂々巡りの思考であったり、巡り巡って、また同じところに戻ってきたり・・
そんなものかもなー・・・。
そんな観後感を感じたのが心地よかったです。

そんな芝居に引き寄せられたのか・・・いつかまた巡り・・で、不思議な再会が、小さな劇場の中にたくさんありました。
一人は10年ぶりくらいにばったり・・.
お芝居の神様の粋な計らいかな。confident

|

« お国柄・・・? | トップページ | SS501、ついにカムバック!! »

お芝居no話」カテゴリの記事

ひとりごと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/35023425

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、劇場にて:

« お国柄・・・? | トップページ | SS501、ついにカムバック!! »