« あめとムチ?・・・・八ヶ岳山行 その1 | トップページ | 一体、どうなる韓流ファンカード・・・・??? »

2010年7月28日 (水)

あめとムチ?・・・・八ヶ岳山行 その2

初日は,基本移動日。
朝、7時に新宿駅に集合し、7時30分のあずさsubwayで小淵沢まで。乗り換えて、松原湖駅に到着。タクシーcarで登山口まで向かい、そこからおよそ2時間歩いて,本沢温泉まで。

この日の2時間の歩きは、ひたすら樹林帯。
風景が変わらないけど、素敵なコケが一杯の森の中。

M隊長は、『2時間だから、どのくらいのペースで歩けるか、付いてきてみて!!』と・・・・

久しぶりの高地で、体がまだ慣れない私は、coldsweats02・・・・今回新調したストックもまだまだ使い慣れないし・・・前はどんどん離れて行く。ちなみに、今回コケ大好きなバードさんも一緒に参加。
バードさんとお友達のCちゃんとコケを観察しながら,私の後ろを歩いてたので、私も、まあ,今日はゆっくり?行きますか!とところどころ写真cameraなんか撮ってみた。
P1030770

こんなきれいなところ、写真を撮らずして通り過ぎることできないよーsmile

本沢温泉到着後は、テントチームはテントを早速張りました。
ごまおは夢のマイホームをこの度手にいれて、初お披露目。
4人が、それぞれテントをたてるとなんか壮観。
その後、私たちは小屋へチェックイン。

野天風呂でビールbeerを飲みながら、のんびりと過し、M隊長や、Sさんが用意した,お酒とつまみでしばし宴会。
そんなのんびりで、あっという間の1日でした。

2日目。4時すぎに出発。
夏沢峠で朝日を見るため、1時間の距離を、『休まず行くからねー』とM隊長。
『mipokoちゃんとついてきて!!』おーー、鬼教官さながらの声に、顔から汗を吹き出しながら、必死に歩く私。
無事、50分で夏沢峠到着!!
そこで、おいしいコーヒーとか用意してくれて・・・これぞあめとムチ???
稜線でコーヒー飲みながら,朝日を見るなんて、やっぱ幸せheart04

P1030799

そして、いざ硫黄岳へ!!
野天風呂に入りながら、眺めた爆裂火口への行程。

ここは,高山植物tulipが沢山咲くのに有名なところ。
以前から,行ってみたかった・・・・はずなんだが、なんせ歩きにくい・・・・・
お天気は快晴なんだけど、風が強く・・富士山?とまではいかないけど、『飛ばされちゃうよ〜!!』と泣き言いいながら,歩く私。後ろからごまおが『ザックかついで50キロ以上あるんだから、飛ばないから!!』・・・私は思いっきりなきごといいながらも、いちおオンタイムで山頂到着。

私の想像ほどは、お花畑はなかった・・・・でも、ところどころに可憐な高山植物。
花がある時期に山に登れたのは初めて!!ちょっと嬉しい!
P1030813
コマクサ。ケシ科で、高山植物の女王と呼ばれている多年草だとか。
P1030821
こんな風に,富士山の眺めもGOOD

P1030823
大好きな北アルプス。穂高が見えて,またまた,テンションアップ!

そして,次は、横岳へ。
すでに、疲労していた私。でも、岩陵を歩くここは、ちょっとクライミングの感じ??
急にテンションあがりup、楽しいーーーーーよーーーーーー

P1030825

横岳山頂到着!!この時は笑顔よー。

ここで下りるか、赤岳までいくか、M隊長がみんなの体力を確認。
そこに赤岳が見えるのに、八ヶ岳の主峰を登らずして下りれないよねー、とみんなで向かうことに。

ちなみに,今回パーティ、みんな私より、体力脚力が数段上。だから、まあ,私の問題だったんですがね。
P1030827
しかしーーーーー、
この赤岳,簡単には登れません。きつい、きついきつい!!!
思わず,足が止まる。『mipoko!歩け!!』また鬼隊長Mくんの声。
なんとか到着!!

P1030834

これが,証拠よ!!

そしていざ下り。
私・・・何が嫌いって下り。苦手なんです。
しかも、登りとは違うコースだけど、岩砂利?砂砂利?みたいな・・・とにかく足下怖くって、
泣きそうな気分で、下りてました。

半分くらい、へっぴり腰でようやくおりて来た時、ごまおとM隊長の言葉が頭と体にぴたっと
はまり、なんか下り方がわかっってきた。こんな感じ?そうそう!!みたいな・・・

そこで、行者小屋まで辿り着いた。
核心は終わったと、・・・・・このときは思ってました。
私も、みんなも・・・・

残るは2時間くらいで、美濃戸口のバス停までというところで、下り始めて30分。
足が痛い・・・
下り方はまずくないはずなのに、足の裏も、つま先も痛い!!
『みんなも痛いよー』の言葉に、なんとかがんばるも、1時間を過ぎたところで、つま先の痛みは
激痛に・・・.
ペースもおちるおちる・・.
バスに・・・・間に合わない・・・・。
そこで、ごまおが私のザックを担いでくれた。私のザックだけで7〜8キロあるのに・・・
たぶん20キロを担いで・・・ホントごめんなさい!!

それでも、痛い!!

M隊長の判断で、他のみんなは先に下りてもらい、とにかく美濃戸山荘まで。
M隊長とごまおに支えられ、しばし休息の後、サンダルに履き替えて、残り50分をテクテク。
雷と雨が降り出したときはどうしようかと思ったけど,すぐにあがり・・・よかったです。

なんとか美濃戸口到着。
八ヶ岳山荘で,一汗流すことに。
もう,タクシーで戻るしかないから・・・ゆっくりしましょうといいながら山荘へ。
そこで、M隊長の知り合いの小屋のオーナーさんが、
『6時まで待てるな、茅野駅まで乗せてあげるよ−』
神様、あなたはいるんですね。shine
そんな気分でした。
辛い時に、優しい方に巡り会えて,本当に幸せでした。これも、M隊長の人徳?

終わりよければ・・・かなーなんて思って、幸せ感を味わっていたら・・・
この日は、ここでは終わらなかったんだな・・・coldsweats01

|

« あめとムチ?・・・・八ヶ岳山行 その1 | トップページ | 一体、どうなる韓流ファンカード・・・・??? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/35927314

この記事へのトラックバック一覧です: あめとムチ?・・・・八ヶ岳山行 その2:

« あめとムチ?・・・・八ヶ岳山行 その1 | トップページ | 一体、どうなる韓流ファンカード・・・・??? »