« 月に一度の大久保通い。 | トップページ | またもや、おひとりさまソウルの旅。〜その12 »

2011年7月12日 (火)

またもや、おひとりさまソウルの旅。〜その11

まだ終わってなかった、私の旅行記。coldsweats01

大学路でお芝居を観終わってから、一旦、明洞のホテルへもどって、荷物を整理。
チングへ電話をして、7時前には着く旨を伝える。

最寄り駅は、5号線のモクトンと言う所。
初めて向かう所にちょっとドキドキ。

早く行かなくちゃ行けないことに気をとられ、手みやげを用意してないことに気づく私。
まずい....。sweat01coldsweats02
前日散々ごちそうになったのに・・・・.

モクトン駅に着いたら、電話して!とのことだったので、電話をして、迎えにきてくれるのを待つ間、
ちょうど、くるみ饅頭?が売っていた。
箱入りのを買って、とりあえず、かっこだけ整える。
P1050003
駅の売店にこんなパンが!昨年の大ヒットドラマ『製パン王キム・タック』にちなんで、そぼろパン(日本で言うメロンパン)のパッケージにキム・タックの写真。

そこに、チングと、トンセン(チングのチングの旦那さん。私のことをヌナと呼んでくれる人。だから、トンセン)が迎えにきてくれた。
駅から少しあるけど、市場を歩いて行くと楽しいからと案内してくれながらお家へ向かう。

この市場ホント凄い!
地元の市場。日本で、こんな光景はなかなか見れないのでは。
しかも、何もかもが新鮮。
なんかワクワクした。

スイカがおいしそうだったので、お土産に買ってみた。
日本のスイカとちょっと形がちがったかな。少しだけこぶり。
P1050005


P1050008
これは、日本ではあまり一般的ではないチャメと言う果物。大久保ではうってますが・・。
あっさりとしていて、メロン?みたいな味。瓜の一種なのかな・・?

P1050009
P1050010_2


そして、このあたりは本当に教会が多い。
トンセンに、教会に行く人が多いんでしょ?と聞くとそのとおりとのこと。
ちなみに彼らは、クリスチャンではないようですが・・。
P1050011

この教会を過ぎると、
お家に到着!

初めての普通の家庭に訪問にドキドキ。
トンセン宅のイケメン息子達にも挨拶したけど、やはり、思春期のイケメンくんは日本のアジュンマの
相手はしてくれなかった・・・・。残念。coldsweats01
しかし、二人とも本当にイケメンでした!

お家の中には、ドラマさながら、大きな家族写真がドーンと飾ってありました!
トンセン夫婦と、チング、チングの別の友達。その子供達。そして、チングのオモニ。そこに私が加わっての食卓。
とても楽しかった!!shine

P1050015

みんな優しい韓国語で、私に話しかけてくれるので、会話も楽しかった。
22時近くまでいて、おいとましました。
駅まで、今度は車で送ってもらいました。car

本当に、いい人の周りにはいい人が集まるんだなと、感動の出会いでした。
また、みんなに会いたい!!happy01

|

« 月に一度の大久保通い。 | トップページ | またもや、おひとりさまソウルの旅。〜その12 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/40788785

この記事へのトラックバック一覧です: またもや、おひとりさまソウルの旅。〜その11:

« 月に一度の大久保通い。 | トップページ | またもや、おひとりさまソウルの旅。〜その12 »