« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

ぼちぼちと

実家に戻って早4ヶ月。

長距離通勤にも慣れて?・・・

日曜日夕暮れに久しぶりにジョギングしました。

以前は多摩川に沿って走っていたけど、今度は山に向かって走る感じ?

これはこれでキブンチョア。

言い訳しないで、自分らしく行かないとね。

ボチボチと・・・時は待ってくれないから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

久しぶりの観劇三昧?

まあ、観劇三昧という程の時間もなく、平日は行けないので週に1本。
演劇好きなら普通なことですが・・。coldsweats01


仕事以外で芝居を見るのは最近本当に減っている。
リダや韓流イベに時間もお金も使いすぎ?coldsweats01

先週はTHEガジラ「Happy Days」,今週は「鎌塚氏、放り投げる」。

昔からのガジラファン、鐘下さんファンheart04
好みから行くとこちらに期待?大好きな千葉さんも出てるし。

1345983829929.jpg

でも・・・ちょっと期待はずれだったかな。bearing
作品は以前に書いて、ケラさんが演出したものを。今回鐘下さんが演出するという。

龍神、鬼の末裔・・

鐘下作品にはなじみ深い言葉がいくつも登場し、ワクワクというよりは、またか・・・という気分になった。
本は悪くないのに、なんだか、まったりとぬるい空気が立ちこめ、作品の良し悪しに正直な私の体は若干の睡魔が襲う程。

芝居は生ものだから、たぶんもっと出来のいい日もあったのだとは思うけど・・
しかし、楽日にこれか・・とちょっと好きな人に裏切られた気分だった。

一番最悪だったのは、監禁されてた女の人がどこまでも、緊張感がないこと。
想像力がないのかしらね・・。
監禁されて、もしかしたら命を落とすかもしれない恐怖の中で、肉体にまったくの緊張感もない。
すべてを彼女がぶちこわしていると言っても過言ではなかったかも。

演出はさすがで、最近は演出してるんだかどうなんだか・?という作品が多いから、さすがだなと思った。
ゾクットする緊張感の作品にしあがっていたら、HAPPY DAYS のタイトルがぐっと浮かび上がったんだろうに。

そして、「鎌塚氏、放り投げる」
とにかくよく出来ていた。good
三宅さんの達者さは相変わらず。
満島ひかりと田中圭というテレビの露出が多い役者さんが出ていたせいか、立ち見が出る程の大入り。

本も演出も、そして出演者全員のバランスがとてもいい作品だった。
パート1も面白かったけど、今回もさらにパワーアップしてたかな。confident

ガジラと鎌塚氏、両極端の作品を観て、演劇って本当にいろいろあるんだよね、と思う。
何を劇場に求めるかによって見るものも変わるんだろう。

楽しければいいという感覚は私にはないが、俳優が舞台の上でその瞬間を行きている姿をみるのが
一番好き。
その瞬間にときめき、ドキドキハラハラし・・。

新たな刺激を感じられるそんな作品に出会いたいな。

リダより、ドキドキする作品に出会ってしまったら、やっぱりお芝居が一番好きって心の底から
言えると思うんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の想い出

リダの日本での活動も終わり、私の日常もようやく戻ってきた?

先週末、学生時代の友人宅で、ガーデンBBQパーティで楽しい時間を過ごした。happy01

1345980956885.jpg

2年前にキャンプを主催してくれた家族宅にて。
みんな子供達が大きくなり、中学受験や高校受験と毎年
落ち着かない問題を抱えているので、なかなか遠出計画は難しい様子。

そこで、夏のひと時をプチアウトドア。sun

前日から、友人達が準備をしてくれて、いよいよ当日。

なぜかこの日に限ってお天気が微妙。despair
駅に着いた時には、ポツポツ雨粒が。

このメンバーでアウトドアのときは何故か雨の確率が多い・・・。

またもや・・・???rain

ひとしきりお決まりの雨の後、この日は、すっきり晴れてくれた。

チーム旦那さんたちがせっせと、私たちの食べたいものを焼いてくれて、ひたすら飲んでbeer食べたpig一日でした。

楽しかった。

しかし、人の子の成長は早いと言うけど、みんな私の背丈を追い抜いておりました。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

夏の夜の夢・・・それは「HEAT」

1345216841520.jpg

8月10日は、神宮花火大会。
人生初の参戦。花火に参戦? そう、4会場それぞれで花火前に行われるライブ。
秩父宮競技場にはわれらが、リダことキム・ヒョンジュン。

でも、この日は金曜日。
最初は行けるわけないかなって思っていたけど、職場から近いし、お盆時期に突入で仕事も少しは暇?

必要があれば戻ることを条件に、半休をもらい駆けつけた。

悩んでエントリーしたせいか、なぜかFC枠で抽選に外れ、モバイル枠でチケットをゲット。
アリーナAだけど、A-1 後ろではないけど、かなり端かな・・。
でも豆粒ではない?と信じて会場へ。
観客が少ないときは、見やすいかもと思っていたが、さすが花火大会。
男性の姿もあり、なんと視界の肝心な所に背の高いナムジャが・・・・・・・

見えない・・・・・・。bearing
でも始まってしまえばそんなことも言ってられず・・・力一杯ペンラを振った。

リダはこの1週間で日本と韓国を2往復。
7月の日本での活動とそのあとのタイのファンミ。ドラマの撮影。
目は疲れてくぼんでるように見えるけど、ベストを尽くす姿に胸が熱くなった。

広い会場がグリーン一色になった中で、
なんと9曲を熱唱!
セトリはこうした方がと思う部分もあったけど、息をあげながら、一生懸命日本語で話、汗だくで歌い
踊ってくれた。(なぜかKiss KIssがなかった・・・)
しっかり目に焼き付けた!まではいかなかったけど、リダと一緒に歌い、声を張り上げ、熱い熱い
夢のような夏の夜。
これを最後にしばらくは韓国国内でドラマに専念するとか・・。

沢山の素敵な姿を見せてくれたこの夏、花火とともに打ちあがったかな。
私も燃え尽きました!

Dsc00781
スクリーンに写った姿。

Dsc00804
花火はきれいだったけど、スポンサーを紹介しながらの打ち上げはちょっと興ざめ?

1345216844979.jpg

SKEのファンのナムジャは思った程は来てなかったが、彼女達のステージになると突然現れ、
この色とりどりの大振りのペンラ?をふりオタク的な応援をする姿はなかなか新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

マンネ Zepp Tour2012

マンネ・ヒョンジュンくんのサマーツアー。
韓国で先行発売され、日本では8月8日に日本版がでるアルバム「ESCAPE」を引っさげてセンイルの3日からツアーはスタートした。
残念ながらweep、3日は平日だったので私は4日夜に参戦。

私の気持ちの中ではソウルより遠いお台場coldsweats01、初Zepp Tokyoへ

1344155678683.jpg


通常スタンディングライブメインのこの会場で着席ライブ。
みんなセンイルに集中したのか、後ろも2階も空席がcoldsweats02・・・

先日のリダがさいたまで一人であれだけ集客した記憶が鮮明な中、なんだか切なかった。

今回は4列目という名の6列目だったけど、久しぶりに前の席で見れたマンネは相変わらずかわいかった。
新曲Sorry,I'm sorry がとてもいい曲。
ドラマのために絞った身体はさらに細くなり、ビックリ。
ファンはリダよりも若い子達が多く黄色い声援を送ってました。

中盤過ぎ、SS501のナンバーを続けて4曲。
これが私にはなんだか辛かったな。
しかも、Love like thisはリダの声がBGMでしっかり聞こえるし。

あの活動時期、501に熱狂してた私にとっては、5人の映像が頭に焼き付いている。
これをひとりは・・・・

マンネは歌も上手いし、自分の曲で勝負してくれればいいのに・・・

ホントUr man だけで十分なファンサービスだと思う。

そんな切なさを感じながらも熱狂した2時間でした。

2F席で声援を送っていたナムジャペンのおかげでマンネのトークはさらに輝きを増し楽しい時間だったけど、
倍々にファンが増えるリダとの違いはいったいなんなのか.

そんなことを考えながら、私の気持ちは終始複雑なまま終わりました。

終演後FC限定先着でCD予約した人のみが参加のサイン会があったけど、遠い台場へ朝から並びに行く元気はなく、参加はできなかったです。

勝負のときなんだから、購入者全員と終演後ハイタッチでもすれば、いいのになーって思ったのはわたしだけ?

赤坂サカスのイベや合衆国のいべ.タワレコのハイタッチ。
いける人はもちろんいいけど、いけない人のモチベーションをもっとあげるのも必要かなー。
参加した人が、何倍も好きなって帰れるイベントを、ちょっと無理をしてもやっていけば、もっと魅力もみんなに浸透するだろうにな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »