« 夏の想い出 | トップページ | ぼちぼちと »

2012年8月26日 (日)

久しぶりの観劇三昧?

まあ、観劇三昧という程の時間もなく、平日は行けないので週に1本。
演劇好きなら普通なことですが・・。coldsweats01


仕事以外で芝居を見るのは最近本当に減っている。
リダや韓流イベに時間もお金も使いすぎ?coldsweats01

先週はTHEガジラ「Happy Days」,今週は「鎌塚氏、放り投げる」。

昔からのガジラファン、鐘下さんファンheart04
好みから行くとこちらに期待?大好きな千葉さんも出てるし。

1345983829929.jpg

でも・・・ちょっと期待はずれだったかな。bearing
作品は以前に書いて、ケラさんが演出したものを。今回鐘下さんが演出するという。

龍神、鬼の末裔・・

鐘下作品にはなじみ深い言葉がいくつも登場し、ワクワクというよりは、またか・・・という気分になった。
本は悪くないのに、なんだか、まったりとぬるい空気が立ちこめ、作品の良し悪しに正直な私の体は若干の睡魔が襲う程。

芝居は生ものだから、たぶんもっと出来のいい日もあったのだとは思うけど・・
しかし、楽日にこれか・・とちょっと好きな人に裏切られた気分だった。

一番最悪だったのは、監禁されてた女の人がどこまでも、緊張感がないこと。
想像力がないのかしらね・・。
監禁されて、もしかしたら命を落とすかもしれない恐怖の中で、肉体にまったくの緊張感もない。
すべてを彼女がぶちこわしていると言っても過言ではなかったかも。

演出はさすがで、最近は演出してるんだかどうなんだか・?という作品が多いから、さすがだなと思った。
ゾクットする緊張感の作品にしあがっていたら、HAPPY DAYS のタイトルがぐっと浮かび上がったんだろうに。

そして、「鎌塚氏、放り投げる」
とにかくよく出来ていた。good
三宅さんの達者さは相変わらず。
満島ひかりと田中圭というテレビの露出が多い役者さんが出ていたせいか、立ち見が出る程の大入り。

本も演出も、そして出演者全員のバランスがとてもいい作品だった。
パート1も面白かったけど、今回もさらにパワーアップしてたかな。confident

ガジラと鎌塚氏、両極端の作品を観て、演劇って本当にいろいろあるんだよね、と思う。
何を劇場に求めるかによって見るものも変わるんだろう。

楽しければいいという感覚は私にはないが、俳優が舞台の上でその瞬間を行きている姿をみるのが
一番好き。
その瞬間にときめき、ドキドキハラハラし・・。

新たな刺激を感じられるそんな作品に出会いたいな。

リダより、ドキドキする作品に出会ってしまったら、やっぱりお芝居が一番好きって心の底から
言えると思うんだけど・・・。

|

« 夏の想い出 | トップページ | ぼちぼちと »

お芝居no話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/46833388

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの観劇三昧?:

« 夏の想い出 | トップページ | ぼちぼちと »