« おひとりさま、再びソウルへ~その5 | トップページ | おひとりさま、再びソウルへ~その7 »

2013年6月20日 (木)

おひとりさま、再びソウルへ〜その6

すっかり歩き疲れて、とりあえず明洞に戻ることに。

その前に教保文庫にて新しい教科書を買わなくては... 近いんだけど、一度力尽きると歩くのが辛いcoldsweats02
Dsc01457
お店の広告。今回はドラマで活躍中のユチョンをたくさんみかけました。
韓国はその時の流行りがすぐ反映されるから、日本以上にわかりやすいw
でもタクシーには嫌がられる距離。都合のいいバスもなさそうで... 疲れって突然くるなーなんて思いながら歩いていると、たくさんの提灯?
お寺のようです。
4月のお釈迦様のお祭りの時は、清溪川やいろんなとこでみかけるけど... なかなか圧巻。
Dsc01463
Dsc01458
そのすぐ近くには古い韓屋を改築したような郵便局。
ふと出会うものがあると、やっぱり歩くっていいなと思う。 shine
Dsc01460
Dsc01461
PSYの切手売ってた~。買ってないですが・・・(笑)
あともう一息というとこで、大学生?風の女の子に声をかけられた。
何か場所?を聞かれたのだけど、もちろんわからず、
「わからないの。ごめんなさい」と答えると、
「中国の方ですか?」
「いえ、日本人です」
「どのくらい韓国にいるんですか?」
どうも彼女は私がソウルに住んでいると思った見たいで...
「いえ、旅行できてて日曜日には帰ります」
「どうやって韓国語そんなに話せるようになったんですか」なんて、質問をたくさんしてきた。
決して私の韓国語は上手ではないけど、行きずりにそんな会話をできることはなんだか嬉しかった。 heart04
「これからも勉強続けてください」と言われ、別れました。
私の旅行の最大の目的は、とにかく現地で韓国語で会話をすること。
今回はどうやら、その点は充実した感じ。good
教保文庫で教科書と小説を1冊購入し、一旦ホテルへ。
お腹が空いていたので、チング絶賛のロティボーイでパンを買っておやつの時間に。
Dsc01466
こってり?を想像してたけど、思ったより甘くなく、とてもおいしかった~。

|

« おひとりさま、再びソウルへ~その5 | トップページ | おひとりさま、再びソウルへ~その7 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/52106599

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさま、再びソウルへ〜その6:

« おひとりさま、再びソウルへ~その5 | トップページ | おひとりさま、再びソウルへ~その7 »