« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

「恋愛時代」を読んで

愛してやまない俳優さまがこれをもとにした演劇に出ているので、本を入手したことは前に書きましたが...

原ていた。作に触れるずっと以前、韓国ドラマでソン・イエジンとカム・ウソンで放送されたドラマは見ていました。

1382967133785.jpg

その時の感想は...まどろっこしいなと..

実はそれほど面白いとは思わなかった。coldsweats01

が、意外にも韓国ではそこそこヒットしていたよう。sweat01

そんな社会現象?もあって2年前に演劇として上演され、これまた高評価だったと。

ドラマを見たとき、実は野沢尚の原作とは知らなかった。

そして、今回あらためて原作に触れてみて... 実に面白かった。up

一人称、しかもかなり口語体的な形で表現されるのが、最初はなんだか違和感を感じたけれど、それがむしろ物語に引き込んでいく手腕のようでもあった。

心理描写も細やかで、一つ一つ表現が素敵でした。

ドラマと原作はかなり忠実ではあるけれど、主人公の二人、はると理一郎のキャラがほんの少しづつ違う感じがしました。

このちょっとした違いがドラマに感情移入しきれなかった理由かな。

私は、今現在ソウルにいけてないので、今回の「恋愛時代」は未見です。weep

1382967138713.jpg

ただ私が改めて一番知りたい?のはなぜこれが韓国でこれほど賞賛されるのだろうと。

野沢さん自身も脚本家であったからもちろんのこと、小説として発表された作品も含めて野沢さんの作品は本当にたくさんある。

でも、日本ではこの作品は私の知る限り映像化されていないのでは... そして、ご本人がなくなっているので、版権の問題で、ドラマのように舞台を韓国に置き換えることなく上演している。

素敵な小説です。

でも、ものすごくレアなテーマでもない気がするのに、不自由な版権の問題もある中でこれにこだわるのか..., とても興味があります。韓国人の何にそんなに響くのか..

とりあえず、何とか行きたいという強い意思はあるので、作品を観て、そんなことも確認できたらな。

(理一郎がとにかく女性にモテるんです。ジェボムさんにピッタリw 気がつけばみんなが好きになる~みたいなw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

キム・ヒョンジュン Tonight Premium Liveから1週間

20日、21日と幕張のリダのライブに参戦しました!

1382875587240.jpg

リリースイベントであったにも拘らず、渾身のライブでした。
絶対に生で聞きたい!と思っていた、Unbreakableからスタート。
もう、本当に興奮!!
そして、Break Down.
セトリも本当にいい!
「花火を計画したら、台風が来たり、暴風雨になったり計画しなきゃよかった」
(この日は大雨だった・・)
そう言ったリダがなんかかわいくて・・。
「今日、朝7時半に雪が雨にまじって降っていた。皆さんは、純粋じゃないからみてないんだ!」
なんかリラックスしたトークが続いたのが忘れられない・・.
今日は20曲用意しました!
本当にこれにはびっくり。
そして、変なMCもつけず、通訳のみで、一人でがんばる!
ジャパンツアーが再来的な興奮。
みんなが聞きたい 僕の頭が悪いから を新たなVr.で!
『ROUND3』 と 『Tonight 』のアルバムを中心に本当に素敵!!
そして、アンコールで遂にリダが脱いだ!
素敵な筋肉でした(笑)heart04
花道を歩くリダの背中の筋肉、腹筋に釘付け〜。scissors
私は両日、肉眼でリダを見る事が出来たけど、スタンド席のないメッセ。
たぶん後ろの方の席の方は、なかなか見ずらかったはず。
リダも仕切りに心配していたし、自分がみんなにちゃんと思いを伝えられるか心配だったと言っていたとおり、リダもやりにくかったんだろうな。
野外ならもっと開放感もあるから、少し違ったんだろうけどね。
(やはり、さいたまか、横アリか・・武道館・・・代々木のいずれかがいいな〜)
882612_05501100_27495
(asia today korea のサイトよりお借りしました)
そうそう、この日、ヨンさまが客席に。
生ヨンさま、2度目ですが相変わらず、微笑んでお手ふりされてました。
二日目。
この日は、人生にもうないかもという神席。
仕事休んできてよかったと、つくづく思った。
リダと目が合い・・もうドキドキ。
でも、DVD収録用のカメラが入っていたせいか、トークはこの日の方が、固め。
この日も100%の力で、素敵なステージを見せてくれた!
アンコールの曲が少し違ったせいか?DVDのせいか?この日は、客席中の期待を裏切り(笑)脱ぎませんでした。
アンコールいれて、初日24曲、二日目25曲。
2時間半あまり。
本当にタフでますますセクシーなナムジャになりましたね。
すっかり心奪われたまま、1週間を過ごしております。
そして・・・・
昨日、ヨンセンのソウルでの1stコンサート、入隊前最後のコンサートにSS501
のメンバー5人が遂に揃って、ステージにたち、3年ぶりにパフォーマンスをした!
昨日のツイッターは、まさに501祭り!
上がってくる情報と、ツベでかなり興奮。
本当に涙しました。
こんな風に、正式な活動でなくても、たまに揃った姿を見れるのは本当に嬉しいし、今はこれが一番自然なのかもね。
SS501 만세!!
興奮して寝たせいか、夢にリダが出てきた(笑)
いい夢だったな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

幕張へ

幕張へ向かってます。

遠い...

そして、雨王子健在。
冷たく、激しく..降ってます。

そして、始まる頃には止むのかな...いつものように。

無事にたどり着けますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

今度こそ・・・

いよいよ、明日は9月15日16日に行われるはずだった、キム・ヒョンジュン『tonight』購入者限定イベの代替え公演。

今から、ドキドキしてます。
行われるはずだったのに、当日台風で中止になったトラウマか・・
久しぶりのリダに、自分がどうなってしまうのか(笑)
今日は、同じ会場で、韓流10周年のイベントがあり、こちらにも出演。
私は、もちろんハズレ参加しませんが・
というか、3日間メッセは我が家からは遠すぎるので・・・。
(仕事も、結局、なんとか無理を言って休み、二日参戦)
今朝羽田空港は2000人のファンに埋め尽くされたそう。
これは、ペ・ヨンジュンファンが7〜8割か・・。
いずれにしても、元気な姿で、来てくれました。
1382242813193.jpg
素敵な時間を過ごせますように!
リダ自身も、私も・・.
そして、これも買いました!
1382242817424.jpg
韓国では、新聞みたいな仕様でかなりチープなんですが・・・
日本版はしっかり雑誌形式。
まあ、保存するにはこちらのほうがいいかな・・.
もはや、どんな髪型でも愛せます(笑)
ちょこっと、ミンギの記事?もあってお得感ありです。
いろんなものを、犠牲にして辿り着いた明日だからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

再び六本木のミュージカルシアターへ〜『僕らのイケメン青果店』

夏にすっかり魅了された『兄弟は勇敢だった?!』以来、1ヶ月半ぶりに六本木のアミューズミュージカルシアターへ。

1381760195797.jpg 1381760199316.jpg

ブログなどで紹介されているのを拝見すると、なんか楽しそうな作品?!
でも、前で見なくちゃ!とか、と言う理由もないので、今回は、テハンノシート狙い!
前回サイン会の時、1時間半くらい前には、あのガラガラの日でも10人くらいはいたし、後半は買えるか買えないかという噂も聞いたので、販売開始の30分前に到着。が、誰もいない・・・・・・・。
またしてもやる気満々?
普通の劇場でもこのくらいの時間には並んでるけどね・・・・・
ということで、テハンノシートを無事にゲット。scissors
この日のサイン会の整理番号札ももらい・・.
ジェボムさんがちょこっとのっているTHE MUSICALも購入。
いよいよ、開演。
感想としては・・・・私には残念ながら、なんだか響かない作品でした。coldsweats01
たぶん、これをテハンノの小さな劇場で、ふらっと入ってみたなら、おもしろかったなーと感じるんだろう。
ただ、作品の大きさと、小屋の大きさがあっていないからね。
中央よりの前でみるなら気にならないだろうけど、・・
この作品の魅力は一体感のような気がするけど、それが今ひとつ伝わらなかった。
そして、脚本が少し甘い気が・・
みんながバラバラになりそうになって、でもやはり、みんなでがんばろうという!
緩急があまりなく、あっさり過ぎて行く気がする。
2時間無い作品だから、すこし何かを盛り込んでもいいのでは・・。
メイン5人のチームワークはとてもいい感じがするけど、キャラクターがもっと明確に浮き上がる演出やキャスティングがあってもよかったのでは。
『兄弟』が秀作だっただけに、期待し過ぎてしまったかな。
でも、5人のダンスシーンなど、これがあるとミュージカルは楽しいと思えるシーンももちろんあったから・・
カーテンコールはもっとショーアップしたものにしてもいいのにな。
個人的には、ナムホくんとソンジェくんがよかったですが。
Dsc01669
Dsc01673
Dsc01682
終了後はデヒョンくんとソンジェくんのサイン会。
ソンジェくんの日本語のうまさにびっくり!
私が、韓国語で話して、彼が日本語で返答(笑)
前回の『兄弟は勇敢だった?!』はジェボムさんの実力はもとより、すべてが完成された作品だったのに対して、今回のこの作品は、まだまだ発展途中のようなそんな印象でした。
ここから、ドラマになったくらいなのだから、ソウルではかなりの影響力があったのだろうけど・・・
招聘作品の選び方は難しいんだろうな。
というより、この劇場の大きさに問題が多いかも。think

1381760898530.jpg 1381760900588.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

こんなものまで・・・

『韓国ミュージカル俳優名鑑』

1381625409154.jpg

こんなものが、ぴあより発売されました。
そして、まんまと購入致しました(笑)
正直、韓国ミュージカルにはまっているわけではありません。
ミュージカルをメインに活躍している俳優さまにはまっております。
その方が、当然載っているだろうと、それだけで購入。
イカレてます・・
今後、その方が共演する方も、ここで分かるので活躍の用途をもちろんありますが。
皆さん、なかなか面白いとかってつぶやいてますが、今ひとつ、面白さはわからず・・
むしろ疑問が・・。
そうです、チョ・スンウ氏が出てないんです。
なぜ?
韓国でミュージカル俳優の代表と言えば、あの方ですよね・・・・。
あの、ジュンスをしのいで賞を取る程の、チケット販売力もあるし、私でさえ、名前も知っていて、私でさえ、韓国で拝見したくらいなのに・・
そして、こちらは不満。
まず、プロフィールのデータ(出演作)にばらつきがありすぎ。
2013年まででているかたもあれば、2012年とか・・・
ジェボムさんの『ブラックメリ』もでてないしね。
そして、ついでに言えば。
ジェボムさんの『内気な性格からでる緻密さと完璧主義』って言葉。
変でしょ!この表現!!日本語として!!
緻密さと完璧主義の前の修飾語を
内気な性格で片付けるのはどうですかね(笑)ご自身内向的な性格とは自分の事を語ってましたが、それとこれとは違うから!それに、役者さんって基本内向的な方が多いですよ!
ライターひどいな・・本当に。事務所もちゃんとチェックしてください!
さらに・・
ミュージカルで活躍するK-POPスターの欄に、ホ・ヨンセンはひっそりと名前だけ。
そして、ギュジョンはない!『宮』の主役だったのにな・・
SS501は韓国では、トップアイドルだったのにこの扱いは淋しい・・
ってことで、ボロボロの本のような気もしますが、未見の『ウェルテル』のジェボム氏の写真もあったので、まあ、よかった事にしますけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

amazonにて

廃刊になった文庫をAmazonにて購入。
Amazonはよく利用するけど、いわゆる古本は始めて購入。

出品者さんからの購入で、状態がいいものを探していたら、なんと本の値段は1円。
で、送料が250円。
何だか妙な矛盾を抱えながらも、探し物を上下巻購入。
上下で買っても送料はそれぞれ。
別々に届くのか?

コンビニにて支払いをし、二日後に到着!
2冊一緒にやって来ました~(笑)
なんか煙に巻かれてる気分(笑)

1381151148801.jpg

ちなみに何故これか?

愛してやまない俳優さまが、現在ソウルにてこの作品を公演中。
ソン・イエジンのドラマは見たけど、原作はどうなのかなって。
原作はこちらも大好きな野沢尚さん。不思議な縁を感じるな.......

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

久しぶりの長塚作品

9月最後の観劇は葛河思潮社「冒した者」
長塚圭史さんの阿佐ヶ谷スパイダースと別に作品を提案するユニットらしい。

1380673857536.jpg

三好十郎の1952年の作品を今この時に上演する。

一つ屋根の下に8人がそれぞれ暮らす。医者とその妻。医者の弟で復員してきた学生。進駐軍を相手に働く女とその父。その家の持ち主の遠縁で昔は芸者だったという女。その女の許嫁?の男。広島で被爆し、盲目の女性。そして語り部となる、書けなくなった劇作家。

そこに現れる一人の男。

みんなが戦争によって何かを失い、そんな中でもがき暮らして行く様。
喪失感と戦いながら生きる様。

あの時代に、原爆というとてつもないものを作り出した人、そしてそれによって失われた多くの命。

その時の憤りのようなエネルギーがものすごい力で迫ってきた作品だった。

シンプルな舞台の上で、膨大なセリフによって語られて行く物語。

俳優の力量がしかと問われる作品の中でみんなが健闘したゆえに成立している作品となっていた。

私の勝手な印象だけれど、長塚さんの演劇の対するアプローチが、ロンドンへ行く前と今では変わってきているよう。

人間は変化しながら、新しいものを生み出すものなのかも。

なぜ今この作品なのかも含め、
とても有意義な時間を過ごせて気がした。

小さい劇場だけど大入り。

キャストへの興味だけでなく、作品の奥にあるものをひとりひとりが掴み取って帰ってくれているなら、日本の演劇シーンもまだまだ希望があるように思う。

まあ、私は単純に長塚作品のファンでそれだけで観に行ったから偉そうなことは言えませんが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

新大久保のおしゃれな?時間

日曜日は久しぶりに大学時代の友人たちと集合!
私以外4人はJYJペンなので、イベント毎に集合してるみたいだけど、私は正月明け以来。

今回は友人が手配してくれた新大久保の姉妹やさんへ。

1380631908925.jpg
1380631913975.jpg
1380631917893.jpg
1380631921242.jpg

この写真ではおしゃれ感はまるで伝わらないな
coldsweats02
こんな風に焼いて網に乗せてくれました。


店内の様子を写真に収めなかったのが悔やまれるくらい、新大久保とは思えない落ち着いた静かなお店でした。
ハーブサムギョプサルが売りのようで、効能に合わせたハーブ別に分類されていました。

他で味わえない雰囲気。
韓国ではきっと清譚洞あたりにありそうな感じかな~

お料理も美味しく話も盛り上がり楽しい時間でした。
半年会わない間に、私を含め新たに恋の対象が増えていたりで、韓流熱愛まだまだ真っ盛りわ私たちでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »