« 素敵な歌声 | トップページ | スピリチュアルな週末? »

2013年11月17日 (日)

意外にも....?

自分のブログを読み返して見たら、ジェボム씨のことばかりになっていて自分で驚いてます。coldsweats01sweat01

さて、そんな中でも意外に、お芝居観たり映画見たり、ジムで登ったりしてるんですが...good

最近観たものは、
「エドワード2世」「鉈切り丸」
劇団桟敷童子「紅小僧」
映画「人類資金」

お芝居は、お付き合い諸々で見ているものばかりですが・・・

演劇ってホントにいろいろ。

200人くらいのスズナリから、1800人のシアターオーブ。

いずれも面白かった。

「エドワード2世」はシェイクスピアほぼ同じ時代の劇作家マーロウの作品。
演出は円の森新太郎さん
シェイクスピア劇よりも人物描写が砕けていて、すこし手を加えたのかと思っしまったほど。
エドワードを演じた柄本佑さんの飄々とし姿と新劇出身者が多かったおじさまたちとのバランスも良く、日本でほとんど紹介されてない戯曲の上演としては手堅いしあがりになっていた。

1384696481354.jpg

こうした眠っている作品を探し出し、作品にあった上演形態を探って行くことをし続けている新国立劇場は、ホントに素晴らしい。

「鉈切り丸」
リチャード三世を鎌倉時代に置き換えて歴史的に謎の多い、範頼が主役。
いのうえ作品は正直あまり好きではなかったけど、今回はホントに素晴らしかった。
戯曲と演出そして俳優陣のバランスが素晴らしく、無駄に笑に走ることもなく...もう少し短ければ...と思った以外は楽しめました。

桟敷童子はすっかり人気劇団になっているようで、土曜日の夜満席でした。
いつも仕掛けで驚かされるけど、スズナリでもやってくれました!
若かりし時、お仕事で一緒になった方々が、縁を繋いで、ご一緒している姿が嬉しかったです。
この劇団はホントに気持ちが一つになって前を向いてるんだなと
感じられた時間でした。


1384696488865.jpg

で、演劇は当たりが多かったのに、
びっくりするくらい残念だったのが「人類資金」

阪本順治vs佐藤浩市そしてユ・ジテ。
ならば是非!と思って行ったけど、キャスティングが全てを壊したと言えるほど、問題だらけで壮大にしすぎて、結局そのスケールに追いついてなかった。
森山未來とユ・ジテの好演以外に見るとこなしだったな。
ただなんで韓国人のユ・ジテをキャスティングする必要があったのかは疑問です。

そして本日はジムでひと登り。
調子は良くなかったけど1本クリア。up


|

« 素敵な歌声 | トップページ | スピリチュアルな週末? »

お芝居no話」カテゴリの記事

わたしno日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/53964788

この記事へのトラックバック一覧です: 意外にも....?:

« 素敵な歌声 | トップページ | スピリチュアルな週末? »