« おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その5 | トップページ | おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その7 »

2014年1月 5日 (日)

おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その6

昼にチングと別れ、目指すは再び大学路。
Dsc01807_2

Dsc01808_2

今回の旅、二つ目のミッション!!

大好きな俳優、チョ・ジェヒョン主演の『그 와 그녀 의 목요일』(彼と彼女の木曜日)
この公演、6月に上演していた公演のアンコール上演。 前回、旅行の日程が少しずれていたら、観れていたのに・・・なんて思っていたから ラッキーでした。 Dsc01819
でも、この公演のチケットはinterpark globalでの扱いがなく、当日券狙い!
後方のお席でしたが、なんとかチケット確保! Dsc01816
この劇場、『ヨーロッパブログ』の時の劇場だった。 懐かしい・・・ 劇場に入ると、昨日とはうってかわった客層。 40代、50代がおおかったかな。
まあ、50代の夫婦?の話だからね。 Dsc01811
それにしても、やはり、チョ・ジェヒョンだからなのか、ほぼ満席でした。 ちょうど映画で賞も取った後だし、韓国国内での彼の評価?人気?は定着しているんだな。
  Dsc01814
プレスコールの映像を見たときは、さほど面白くないかも?と思ったけど、大間違い!
戯曲の構成、演出ともに洗練されていて、なかなか秀逸でした。
しかし、お席が後方で、劇場内の壁、うちっぱなしのような感じで、かなり声を 吸い込んでしまう作り。
ヨーロッパブログのときは、ラッキーにも中程の位置で観ていたから、気にならなかったけど・・・ これには参った。
もともと、韓国語が得意でない私は、この聞きづらい中で集中して台詞を聞き取るのが至難の業。 途中で、置いて行かれそうになりながらも、なんとかくらいつき・・・。
それでも、俳優陣の実力と、内容で、最後まで楽しむ事ができ、最後はこの作品でも号泣。 この戯曲は、是非日本でも上演すればいいのにと思った。
こちらは、もちろん、カーテンコールの撮影も禁止。
日本では当たり前の事だけど、なんだかちょっと淋しかったり・・(笑)
なんか、苦労しながらも観劇し、お芝居の楽しさに気分が乗ってきて、 さて、ずっと悩んでいたけど、もう1本観るか観ないか・・
買い物してばかりいてもしょうがないしと、観劇を続ける事に。
『マーダーバラッド』が観たかったけど、大学路から動くのも面倒で・・・ 結局、この度の最初の目的? 『恋愛時代』を観る事に。
もちろんジェボムではないけど、作品にはふれてみようとね。

|

« おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その5 | トップページ | おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その7 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/54498777

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その6:

« おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その5 | トップページ | おひとりさま、弾丸ソウルの旅〜その7 »