« おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その1 | トップページ | おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その3 »

2014年6月 5日 (木)

おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その2

大学路までとりあえず4号戦に乗り、惠化駅まで。
東大門から一駅。

チケットの受け取り時間よりちょっと早く、機内食を食べただけだったので、とりあえずお腹に入れることに。

前回、かわいいな〜と思ったカフェに入って見ることに。
意外に1Fは狭くてゴチャゴチャした感じ(笑)
あとから2階にも席があることに気づいたんですが。
Dsc02037_2
マンゴーワッフルとアイスコーヒーを注文。
注文してから、韓国のコーヒーは薄いんだ!
と気づいたんだけど。
アメリカーノでしたが美味しいコーヒーでした。
ワッフルも美味しかったけど生クリームよりアイスの方が良かったな。
Dsc02034

Dsc02036_2
外観に比べるといろんな意味で大味なカフェ。
でも日本に留学してたことがあるという店員さんがいて、とても気さくな感じでした。
今度はお二階の席を経験してみようかな。

いい感じにお腹も満たされ、いざ劇場へ。
Dsc02031_3
とにかくいろんなことがあった一日。
緊張して受付へ。
チケットは無事でした(笑)

相変わらず、なかなか開場にならず、これにはなれたけど...
残念ながらまだパンフが売られていなくて...これはショック!
相変わらずの韓国ペース。
ちなみに5日に初日だったのに、パンフが売られたのは28日くらいから。
Dsc02043
この日は2列目のど真ん中。
基本、すごく前で芝居を見るのは好まないのだけど、大好きなジェボムさんを一度くらいは前で観てみようと...coldsweats01
Dsc02045_2
映画でイ・ソンギュン、イム・スジョンが主演した
「내 아내의 모든 것」の舞台版。
音楽劇となってましたが、ピアノの生演奏でメインキャストでない二人の歌が物語を進行して行く。

話はラブコメで特別なものではないのだけど、音楽も使い方、客席の使い方など演出、美術がよく、小劇場の作品だけどオシャレな作品に仕上がってました。

ジェボムさん、なんとも情けない尻に敷かれた旦那役が似合ってました。
自分が分かれたいと思ったはずなのに嫉妬でどうしようもない姿...リアルでした。

感情の機微が本当に細やかで、実は今回の旅行中、この芝居を4回観たんですがcoldsweats01
いかに生の空気の中で演じているかを観れて面白かったです。

でも、キスシーンが....うますぎるのがね..,(笑)

2カ月ぶりのジェボムさん。公演としては5カ月ぶり、もう堪能!

終わって、当然のように出待ち。
待つこと15分くらい。
本当に疲れた顔をして階段を上がってきた。

この日は客席は大入りでしたが、出待ちは多くなく、日本人ペンは私だけでした。

座れるスペースがあり、そこに座ってサインを書いてくれて、自分の順番が来ると「앉으세요~」
と座ることを勧めてくれて...

もうドキドキ。
本当にこの日は緊張しました。
疲れてるから申し訳ないと思いながら写真も大丈夫か聞いたら、快く応じてくれて...
Dsc02060
こちらはカメラにて私撮影。何故かちょっと手ぶれ・・・

iPhoneを出したら、私の待ち受けジェボムさんで、顔から火が出そうなくらい恥ずかしかったけど..
明日も、日曜日も来ます!と伝えましたよ!

お見送りをして終了。
本当に放心状態。

夕飯を食べにスンデ屋さんに行き、スンデクッパを食べてこの日は終わり。
前回よりもなんだかとても美味しく感じた〜。

|

« おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その1 | トップページ | おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その3 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/56416921

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その2:

« おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その1 | トップページ | おひとりさま、ちょっぴり長いソウルの旅〜その3 »