« 秋のソウル〜その6 | トップページ | 秋のソウル〜その8 »

2014年11月17日 (月)

秋のソウル〜その7

明洞でお買い物をしたり両替をしたり...。

ロッテ百貨店に行ったらスターアヴェニューのとこにリダの写真がなかった。
契約はもう少し残っているはずだが...流石にショック。



チングが好きなSJは健在


免税店にて化粧品を購入。すこーし安いから〜

でも中国人パワーがすごい。

エスカレーターで下りながら、目に飛び込んできたダウンの上着が、お値打ち値価格だったので購入〜。かさ張るけど韓国のアウターはあたたかいって言うしね。

気がつくとあったはずのお店がなくなっていたり、ソウルの移り変わりは早い。
メトロホテル近くのロッティーボーイがなくなっていたし〜。

両替は東大門より明洞の方が少しレートがいいよう。
これだけ円安だと前は気にならなかったことが気になるのよね。

気がつけば両手いっぱいの荷物を抱えて、一旦ホテルへ。

そして、チングとの約束の新堂駅へ



日本で仲良しのチングとソウルで再会〜
そしてソウルに来ると連絡をとるチング夫婦。

4人での夕食。

「オンニ、何食べたい?」
「辛いものか、一人では食べに行けないもの〜」

おひとり様行動が多いため、これは切なる希望!
そこで行ったのが낙지집(タコのお店)

生のタコの刺身を韓国で初めてたべた!



もともとタコとかいかが大好き。
そして生ダコは寿司屋で私が食べたいネタのひとつ!

韓国ではまだ動いてるものが出てきて、それをごま油にお塩を入れたものにつけて食べる。
これが絶品!

サイコー!최고!!!

ナクチポックンや海鮮チヂミ、マンドゥ、全部美味しかった〜



そしてこの店目玉焼きをセルフで一人ひとつ焼いて食べていいというサービスも。

韓国ではケランフライといって両面焼きをするのが普通らしい。

新しい発見!

お腹いっぱいに食べてチング夫婦とはここでお別れ。二人はインプラントの治療中でお酒が飲めないし体調がイマイチだった。それなのに付き合ってくれて、ホントありがたい友人

우리 영사마はもう少し飲むことに〜
で、ここで영사마の、ナムジャ チング登場!
といってもただのナムジャの友達〜。

この彼と3人でメクチュで再びコンベ!


ここではフルーツ。この店不思議な雰囲気だった〜w


(このナムジャ、物腰の柔らかい、気配りの効くナムジャで、韓国ナムジャの底力(笑)を感じた。)


韓国語のシャワーを浴びながら、楽しい時間はあっという間に過ぎました〜

|

« 秋のソウル〜その6 | トップページ | 秋のソウル〜その8 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/58011017

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のソウル〜その7:

« 秋のソウル〜その6 | トップページ | 秋のソウル〜その8 »