« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

秋のソウル〜その10

いよいよ「더 데빌」二日目。
昼夜、連続観劇。

1日目、あまり好感触で無かったので、この長い作品のダブルヘッダーはかなりプレッシャー。

早めに着いてチケットブースでチケットを受け取ると、この回もチケット袋はジェボムさんではなかった。



テンションあがらず...

この回は6列4番。

真ん中よりでとても観やすいお席。

キャストも金曜日とはお二方とも違う。
X役がマイケル・リーさま。



この作品が発表になったときに、なぜか、マイケルさまで観たいな〜と思っていたので、ある意味念願が叶った感じ?

この日の昼の出来はかなりのもので、もちろん私が2回目でより作品を理解してみれた都いうこともあるんだろうけれど、演出家が作りたかった「더 데빌」の完成形を観た気がした。

キャストによって作品とはこんなにも違う....

ヒョンニョル ペウのXが違うというのではなく、これは稽古の問題?

勝手な想像だけど....
ジェボムさんのこの公演の첫공も막공もマイケルさまだったところからして、まずここから作り上げたのでは...と。

複数キャストの組み合わせのいろいろは面白いけど、作品を練り上げるうえでは弊害になっていることもあるような気がする。

とにかくこの回は凄かった。

Xとからむジェボムさんにどれだけ鳥肌がたったことか....





昼の公演を終えて、ある種の虚脱感に襲われたほどだった。

1日目、あれほど酷評したけど、もちろん本は見直すべき箇所があると思うけど、でも満足だった。

今でもあの回を思い出すと、デビルロスになってしまう。もっともっと観たかった〜。

昼の部終演後、韓国人の大学生に声をかけられ、日本人の韓国のミュージカルに関する意識?のようなアンケートに協力しました。
日本語がとてもお上手な学生さんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のソウル〜その9

食事の後、時間に余裕があったのでひとまず大学路までバスで行って見た。

時間が早かったので開いている店も少ないけど、大学路の空気を吸わずして日本に帰るのは?!

マロニエ公演は何かのイベントなのか素敵なアレンジされた花の数々が。
Dsc06495

Dsc06496
そんなのを、なにげなく眺めていられる時間もなかなかいい。
そのあとはスタバにてのんびりお茶。

大学路ってやっぱり落ち着きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

雨は嫌い

雨は嫌いだ。

気分が鬱になる。

雨の日にいいことがあった記憶がない。

今日もスーパーを通り抜けようとしたら床が滑ってお尻からころんだ。

ぬれたモップで掃除をしてるアジュンマが大丈夫ですか?
と言ってきた。

もちろん大丈夫じゃない。

そもそもそのモップに問題があるんじゃないの?

と心の中でつぶやいた。

誰が悪いわけでもない...運が悪いんだろうが...交通事故にでもあったような気分。


実は週末、弾丸旅行が待っている。

旅慣れない私は、緊張のあまりか、体調がイマイチだったり、小さい怪我をよくする。

よく考えれば厄落とし。

今回もそう...だと思うことにしよう。
だから、明日の朝にはこの痛みもなくなってますように!

でも、痛い.......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

秋のソウル〜その8

いよいよ3日目。
東大門近辺に宿泊を始めてからカンジャン市場でご飯を食べよう!と思っていながら叶わずにいたのですが、今回はヨンガンホールヘ行く道すがら、場所も把握出来たので、가 보자!!!!
Dsc06491
手打ちのカルククス屋さんがあると聞いていたので、目指すはカルククス〜

最初とおり過ぎてしまったのだけど、観光案内の方に教えてもらい到着。
Dsc06493_2
このアジュンマが目の前でこねて、切って。
なんかいい感じ〜。TVでも紹介されてるんですね。

マンドゥをサービスで入れてくれて、アツアツの手打ちのカルククスを。

コシのあるうどん。
お味はあっさり。
美味しい〜。
Dsc06494
以前、2度程カルククスを食べる機会があったけど、いずれも有名店だったけど、

のびたうどんのような印象で、あまり美味しいとは感じなかった。
でも、今回の旅で、韓国のカルククスは1日目の夜にいただいたものも含め、コシがあって美味しいものがあるのを知ることとなりました。

こちらは、市場価格?で5000ウォンだったかな。

どこも価格が高騰している中リーズナブルにすみました。

個人的には、初日の夜食べたソルロンタンの店のククスの方が味も繊細で、軍配はそちらに上がりますが...

でも、またあの雰囲気を味わいに行って見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

秋のソウル〜その7

明洞でお買い物をしたり両替をしたり...。

ロッテ百貨店に行ったらスターアヴェニューのとこにリダの写真がなかった。
契約はもう少し残っているはずだが...流石にショック。



チングが好きなSJは健在


免税店にて化粧品を購入。すこーし安いから〜

でも中国人パワーがすごい。

エスカレーターで下りながら、目に飛び込んできたダウンの上着が、お値打ち値価格だったので購入〜。かさ張るけど韓国のアウターはあたたかいって言うしね。

気がつくとあったはずのお店がなくなっていたり、ソウルの移り変わりは早い。
メトロホテル近くのロッティーボーイがなくなっていたし〜。

両替は東大門より明洞の方が少しレートがいいよう。
これだけ円安だと前は気にならなかったことが気になるのよね。

気がつけば両手いっぱいの荷物を抱えて、一旦ホテルへ。

そして、チングとの約束の新堂駅へ



日本で仲良しのチングとソウルで再会〜
そしてソウルに来ると連絡をとるチング夫婦。

4人での夕食。

「オンニ、何食べたい?」
「辛いものか、一人では食べに行けないもの〜」

おひとり様行動が多いため、これは切なる希望!
そこで行ったのが낙지집(タコのお店)

生のタコの刺身を韓国で初めてたべた!



もともとタコとかいかが大好き。
そして生ダコは寿司屋で私が食べたいネタのひとつ!

韓国ではまだ動いてるものが出てきて、それをごま油にお塩を入れたものにつけて食べる。
これが絶品!

サイコー!최고!!!

ナクチポックンや海鮮チヂミ、マンドゥ、全部美味しかった〜



そしてこの店目玉焼きをセルフで一人ひとつ焼いて食べていいというサービスも。

韓国ではケランフライといって両面焼きをするのが普通らしい。

新しい発見!

お腹いっぱいに食べてチング夫婦とはここでお別れ。二人はインプラントの治療中でお酒が飲めないし体調がイマイチだった。それなのに付き合ってくれて、ホントありがたい友人

우리 영사마はもう少し飲むことに〜
で、ここで영사마の、ナムジャ チング登場!
といってもただのナムジャの友達〜。

この彼と3人でメクチュで再びコンベ!


ここではフルーツ。この店不思議な雰囲気だった〜w


(このナムジャ、物腰の柔らかい、気配りの効くナムジャで、韓国ナムジャの底力(笑)を感じた。)


韓国語のシャワーを浴びながら、楽しい時間はあっという間に過ぎました〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

秋のソウル〜その6

充実した時間を過ごし、さてこの後どうしようか...

大学路でお芝居を..とも考えたけど、観たいものは売り切れだったりしてるし...
円高の今チケット代も決して安くもない。

たぶん昨夜観た「더 데빌」がすごく良かったら、もっと!と思ったんだろうけど...
翌日は昼夜「더 데빌」だし。
のんびり過ごそう〜。

まずは腹ごしらえ!
せっかく4号線沿いにいるので、会賢でおりて南大門へ。

以前から行きたかったこのお店へ。
닭진미
鶏のコムタンの食堂。

Dsc06474

お昼を少しすぎるとこだったのだけど、テーブルは埋まっていて、おひとり様のアジョッシと相席に。

アルミ鍋にはいったコムタンが出てきた〜。
美味しそう。
まずは写真に収め、早速パクリ〜
진짜 맛있다!!!!!!!
Dsc06472
鶏の臭みが全くなくて本当に美味しい。
アジュンマが教えてくれたとおり、塩・コショウで味を足し、自分の味覚に合わせて行く。

でも鶏から出た旨味でスープ絶品。
Dsc06473
私がパクパク食べていたとき、相席のアジョッシに流暢な日本語で話しかけられた。
「日本人ですか?」
「はい。そうです」
「このお店どうやって知ったんですか?」
「日本のインタネットで紹介されていた方がいて、それできてみました。このガイドブックにも載ってます」
と説明すると、「ここは韓国人でも知ってる人はあんまりいないお店で、でも本当に美味しい店なんだよ」とアジョッシもどうしても食べたくて車を30分走らせてやってきたと。なんでもブロイラーで育てた鶏ではないとのこと。冷めても美味しいのはそのせい?

とても感じのいい方。
日本に何年かいたことがあるらしくそれで日本語がお上手らしい。

韓国のこと日本のこと、偏らず見ている方で、いろんなお話をして楽しい時間を過ごしました。

食事の相手を得て、これも旅の楽しさね〜何て思ったものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

スリル・ミー初観劇

韓国でも今年も上演されていて、過去にジェボムさんも出演していたミュージカル「쓰릴미」(スリルミー)

一度は観てみようと思った矢先、ちょっとしたご縁で日本版をみることになり...

そしたら、なんとジェボムさんが韓国で「쓰릴미」(スリルミー)に出演するという!

なんだこのタイミングは?!

すでに心はソウルに飛んでますが...まずは日本版。
伊礼彼方 × 田代万里生 ペアを しかもこのペアの初日を観て参りました。



お席は6列目の真ん中ブロックやや上手より。
贅沢だわ〜

だいたい見る気満々だった割に、予備知識ほぼなく。
なので、ストーリーも含めてかなり新鮮に感じることが出来ました。

伊礼さんの力強さと線の細い田代さんのバランスはとても良かった。

俺はすごいんだ!

自分を鼓舞し、どんどん破滅に向かっていく彼と彼への思いに引きずられ、取り返しのつかないところまで行く私。しかし、そこには彼への真っ直ぐな思いゆえの....どんでん返し。

欲をいえば、彼の父と弟への劣等感と反発がこの奇行に走らせたという部分がもっと繊細に浮き上がると良かったかな。

重いテーマの中の心の駆け引き、ぶつかり合い。
私は演劇好きなので、もっともっと追い込んだ様子をみたい気がした。
これはあくまでも個人の趣向ですが...

それにしても演出が素晴らしかったな。
無駄なものを削ぎ落とした空間、明かりの入りのタイミング...
イメージがゆるがない演出家の作品は本当に面白いと思う。

いい脚本があっても、よさが全く出せてない、そんな作品を観た後だったので余計に感じました。

3組観たい気はするけど、銀河劇場という地の利と8000円のチケット代を考えると、これ以上は
無理ですが。

それにしても....

これをジェボムさん...

見る前からドキドキ。
が.......

12日の1次チケットオープンにて5分足らずで完売。
いつもはある、チケットの戻りもごくわずかでこちらも瞬殺。

観に行けるのだろうか....?

私の本命は1月後半〜2月なのだが....




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

秋のソウル〜その5

二日目。
朝起きたら、チングからメールが。
「オンニ起きた?」って
連絡して、夕食を一緒に食べることに。
では昼間はどうするか?

観たいかなーと思っていたお芝居のチケットを検索したら매진になっていた...
なかなか条件に合うものもなく、まあ無理に見なくてもね...。
それなら行きたいな〜と思っていた博物館へ行くことに。

4号線の이촌駅に直結している国立中央博物館へ
ちょうど特別展で「조선총화」
白磁に青花が描かれた陶磁器の展示。
なんと拝観料が5000ウォンとは...安い。
Dsc06444

Dsc06455
中もゆったり。
フラッシュをたかなければ写真もOK!

一つづつゆっくり丁寧に見ることができました。
Dsc06452
好きだった作品の一つ
王様の使っていたものから庶民へと広がっていく。
日本と中国との融合など、興味深いものがたくさん。
日本の古伊万里として展示されていたものが、通常私が知る鮮やかな古伊万里とは違っていたり...

いろんな角度で見ないとわからないな〜と思ったり。

そして、最後に小さく、現代作家のブルーとの融合をテーマにした展示。
絵画、陶磁器、彫刻..幾つかありましたが、その中でもキム・ソニョンさんの絵が本当に素晴らしく、久しぶりに心をドカーンと持って行かれました。
韓紙の上に加工を施したものをキャンバスにしていたのでで仕上がりもまた一味違って、本当に素敵。

この方の個展でもあればぜひ伺いたいです。

せっかくなので常設展示も見てみました。
こちらは広いのでざっと(笑)
Dsc06460
これは常設展にあったもの。
でもこれだけの作品があって拝観料がただ。
びっくりしました。

韓国は太っ腹だ〜

さすがに疲れたのでソウルタワーが見えるお席でしばし休憩。

20回目となったソウルの旅。
毎回同じようなことしかしてないせいか、気持ちが上がらず、なんで来たんだろう〜なんて考えてしまうこともあったけど、今回はこの博物館のおかげで、来て良かった〜としみじみ思えました。
Dsc06466

Dsc06468
こんな池も。本当に素敵なとこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

秋のソウル〜その4

いよいよ劇場の中へ。

Dsc06430_2
大学路の客席はギュッと詰まった感じがほとんどだけど、ここは意外にゆったり。
この日は6列だけど思ったより近くはない。

だからこの6列がなかなかちょうど良い位置のような気がした。

8月に幕があいて、2ヶ月も経ってからの観劇になったため、カーテンコールの動画やら劇評やられ簡単な予備知識は得てからとなった。

始まってみると...

やはりザ•ミュージカル。

ジャボムさん演じるジョン・ファウストの幸せの絶頂からどん底に落ちるまでは呆気ないくらい一気に歌で見せる。
そして絶望の淵にいる彼に、再起を約束する代わりに一番美しく大切なものを差し出す契約を謎の男Xいわゆるメフィストとする。

そこからが長かった....。

ジョンの恋人が毎夜悪夢にうなされるようになり...

愛する者が苦しむ姿を延々と見せる演出になんだか
ある種の拒絶反応すら感じ、うーーんどうなんだというのが正直な感想だった。

現代のアメリカ、NYに舞台を置き換えているのもあまり効果的でもなく...こういう方向性でファウストを作りたいんだろうと意図は理解できるけど...というのが初日の感想。

X役がかなりフューチャーされてたからもっと存在感を放つのか?よ思いきやそうでもない。

ジョンの出番が多くて、ジェボムさんのファンとしては幸せこの上なかったけど。
Dsc06436
そして、Xの乗り移ったところとジョンの本来の姿の演じ分けなどはもう圧巻!
いや〜ホントすごい俳優。
Dsc06441

それにしても2時間半の公演で 、本当に体力を消耗し、出待ちもないし、すっかり疲れきって劇場をあとにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

秋のソウル〜その3

さあ、そろそろ劇場へ。
その時、ツイッターで、「今日は俳優さまは個人的な事情ですぐに劇場を出なくてはなりません。」
と恐れていた(笑)で待ち対応がない告知。

がーーーーん!

ついに訪れた。

深ーくため息。

そんなこともある....しょうがない...舞台を観に来たんだ....今までがラッキーだった....

気を取り直して、歩いて劇場へ。10分くらいで到着!

Dsc06427
トゥサンアートセンター ヨンガンホール

Dsc06420
Dsc06421
Dsc06422
こんなオブジェまで。
やっぱりホテルのリッチは最高!
1時間前にチケットを引き取り....,
この日のアンラッキーはここでも....。

チケット袋がジェボムさんじゃない...crying

なんだかなーと思いながら、でも初めてのヨンガンホールをいろいろ観察。
キレイなおしゃれな劇場です。

大学路の小さな劇場ばかりいってたから、新鮮でした〜。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のソウル〜その2

再び弘大へ。

まずはいつも参考にさせて頂いているブログで紹介されていたお店でご飯を食べよう!

いつもお買い物をするエリアからは大通りを挟んだ反対側。
Dsc06409_2

Dsc06410
2時ごろだったので空いてるかと思えば、そうでもなく...

手頃なテーブルはみんな埋まってしまったのか入ってすぐの手前の席に座れと。

奥だと窓側だし、あそこの方が落ち着くのに。
いちおあっちじゃダメか聞いてみたけど、自分たちがこれから食事するからダメだと....

感じのいいお店とあったけど...ソウルに着いて早々これでちょっと気分が萎えた。
食事はまあまあ美味しかったけど。

Dsc06404
ナムルをご飯に入れてビビンバに。
Dsc06405
テンジャンチゲ。
早々に切り上げ、お買い物へ。

夏に行ってまさに自分好みのリーズナブルなお洋服が買えるお店へ再び。
Dsc06411
今回は季節がまだ中途半端なのか?帯に短し襷に長し。でも、何着も試着しちゃったので、おひとつ購入。
「7月にも来たんですよ」
と言ったんですが、なんだか発音が悪かったのか聞き返されたり....なかなか調子が出ないワタシ。
Dsc06413
あんぱんや。パン屋が増えたな〜
Dsc06415
KOBE(こうべ) 日本の名前を店の名前にしてるのをよく見かける。
Dsc06416
みかんがもう売られてました。
ぐるっといつも歩くエリアを散策するもなかなかビビッとくるものもなく...
まあ、円安でうまみも少ないので無理に買わないことに。

再びホテルへ。

チェックインし、鍵をもらうとなんと5F。
こちらって確か4Fまでしかエレベーターがないってあったはず....,

預けておいたスーツケースはスタッフの方が部屋に入れておいてくれたから良かったんですが....

部屋に入っていろいろチェック。
なぜならこのところの口コミがよろしくなかったので...
新しい分だけ、前回のホテルよりは快適に過ごせそう。
Dsc06418
私が、ベットが奇麗かチェックしちゃったから、ベットメイキングが崩れてますが・・
こうやってみると広く感じる(笑)
Dsc06419
しかし、トイレにはびっくり。一瞬大きいものが
流れてないのか?
と思うよな変色が。
塗装が禿げてるのか....
2年しか経っていないホテルとしてはどうなんだろう....
とりあえずここは見なかったことに...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »