« ついに!〜その11 | トップページ | ついに!〜その13 »

2015年5月21日 (木)

ついに!〜その12

17時過ぎに劇場に到着。

ついに!やっと!ホントいろんな想いでいっぱい。



Cimg0268



Cimg0269

写真撮ったりチケット引き取ったり。
顔見知りのファンカフェ の方がいたのでちょっと挨拶。
少しお話。
「今回の役はかっこいいって評判ですね〜」
と聞くと、やはり好みはいろいろのようで...
みんなが同じ意見ではないみたい(笑)
「退勤ありますか?」と聞くとまだわからないとのこと。
公演を見にきたんだから...と自分に言い聞かせて、期待しないことに。
いざ会場へ
Cimg0271

Cimg0273
頑張っただけあって、贅沢な席(笑)
リョウクのマッコンなのによくここが取れた〜

いよいよ開演。
やはりミュージカルは音楽に気持ちを持って行かれうっかりすると内容から置いていかれる。
それでも構造としては王道ながらよくできてる..。

1幕は出番が少ないときいていたので、そのつもりで見ていたがあれ?と思う黒いマントの男?

そんな姿で思わせぶりの登場のあと、1幕が半分くらい?進んだ頃に現れた。
あまりのかっこよさにもう息も止まりそう(笑)

1幕はどちらかというとアガサの苦しみをじっと見つめる切ないロイ。ツーッと伝う涙にこちらの心も張り裂けそう。

1幕終わって、私は涙が止まらなくなっていた。
正直内容のディテイルからは置いてかれてたけど、ロイという人物の意味はわかり、そこに一喜一憂。
ジェボムさんの今までの公演以上のオーラにも圧倒された。

2幕も勿論圧巻。
ラスト近くのアガサとのぶつかり合い。
アガサがロイを振り切り、元の世界へともどっていくくだり。
すごかった。大満足でした。




カテコのときのジェボムさんは、やりきった感を見るものに感じさせる表情。
カーテンコールはスタオベでした。
どうも退勤もある様子。

カフェの会長さんに、本当にすごいですね〜と声をかけ、しばしどれだけ感動したかをお話し。

30分近くたって、かなり疲れた表情のジェボムさんが現れた。
ご機嫌はイマイチかな...それでもあえて幸せ。

久しぶりの退勤待ちで私もものすごーく緊張していた。
そしていよいよ順番。

「お久しぶりです」
と言ってノートを差し出した時、奇跡がおきたw。
いつもならそこで名前を聞かれ、やっぱり覚えてないよねーと寂しさがよぎるのだけど....
「○◯◯?」と私の名前を言い当てた?

もうびっくりして、「네」しか云えなかった。

ノートの前のページが透けて見えてわかったのか?カフェのカキコミを見たのか...?
覚えているわけはないけど、それでも嬉しくて、心臓が口から飛び出しそうで...
他の話はできずに終わった^^;
「本当に素敵でした。막공にまた来ます」
私が言えたのはこれだけだったと思う。



それでも本当に久しぶりに写真もとってもらって、最高のひと時でした。

그냥그냥~
そんな気分でずっといたけど舞台もあまりにも素敵で、奇跡も起きて、あたまのてっぺんがしびれるくらいの幸せを味わった。

|

« ついに!〜その11 | トップページ | ついに!〜その13 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/60075643

この記事へのトラックバック一覧です: ついに!〜その12:

« ついに!〜その11 | トップページ | ついに!〜その13 »