« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

掟破りの旅〜その2

金浦付いてすぐに空港鉄道へ。

手荷物はストレスがないな〜

ホテルについてはチェックインした後はお決まりの大学路へ。
本当は明洞芸術劇場の「リア王」を見たかったのだけど早々매진だったので、ソウルでのシェイクスピアはまたいつか〜。
で、悩んで悩んで決めたのがこちら劇団カンダ(正確には演劇配達集団カンダ)の「나와 할아버지」(私とおじいさん)



着いて早々観るには、あまり難しくないものがいいし、夜はヨンガンホールでMナビ観ることにしてたので2時間以上ある作品も避けたかった。

ラブストーリーを書こうとしている私がおじいさんに連れられて向かった先は?

みたいなあらすじを読んで、単純すぎるかな?とも思ったけどカンダの代表作だとも言うし、これでいくか!と

海外からも買えたけど、現地で購入するとプレビュー割引で買える。
現場購入にかけて、時間より早く劇場へ。
夜は매진のようだったが昼の公演は買えた!
「真ん中がいいですか?」
「はい真ん中がいいです」
たいていはここで座席番号で確認をもとめられるのだが チケットそ差し出された。26000ウォン〜やった〜!
そして席は2列目の真ん中!




ちょっと前すぎやしないかい...^^;

取り合えずミッション成功!



설빙で前回すっかり虜になったインチョルミトーストで腹ごしらえをして、再び劇場へ。
舞台は客席より低く、なので2列目でもすごく見上げる感じではなかったかな(個人的にはもうちょい後ろが好き)
シンプルにハコを組み合わせたようなセット?があるだけ。



こういうの好き〜

ストーリーテーラーが「この本の作家です。これは僕の話です。」というモノローグから始まる。
そしてその作家を演じる別の俳優とおばあさんやおじいさんと話が進む。

ハコの組み合わせが車になったり、テーブルになったり、演劇ならではの手法も効果的で、私とおじいさん以外の二人は何役も演じる。

戦争で片足を失い、初恋の人への想いも残しずっと会いに行きたいと思い続けていたおじいさん。
その想いを遂げるために、孫と旅に出る。

一方おばあさんはおじいさんがどこかに連れて行ってくれと言っても、聞かなくいいと孫に言う。

おじいさんと孫が旅に出ている間におばあさんは入院し、亡くなってしまう。

やっと会えた初恋の相手は痴呆で、あってもわからず、ずっとおじいさんの心の中をわかっていたおばあさんがなくなった時....

なんとも切なくて...
暖かい物語。



いいお芝居を観たなと実感できる作品で本当にこもセレクトに大満足でした。


ジョンピョさんは나쁜자석以来久しぶりに拝見しました。いい味わいの役者さん〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

掟破りの旅〜その1

実は...わずか3週間のインターバルで再び韓国へ。

4月の渡韓で1回しか観れないとわかったとき、ヤケぱちでもう一回行く?と思い始めていた。

「スリルミー」が、たった1回の観劇に終わり、なんだか余韻に浸れるほどどっぷり気持ちが付いて行かずに終わった感じが残った。
たぶん、ジェボムさんが好きすぎて冷静に観れていないのが一番の理由。

あの公演は公演回数も本当に少なく、チケットもなく...あれが精一杯だったのだけど、あの後悔?はしたくない...

そうは言っても最終のキャスト発表が出るまでは、どう転がるかわからなかった。

そして.........2週間の間にたったの3回。
そして選択肢は막공に限られた。

オープンの日、まんまと失敗し、VIP席はとれず.........戻りを狙ってようやく9列をゲット。

席は良くないけど、行ける時は行こう!

そんな思いで2泊3日(2泊2日みたいだけど)で行ってきました!



土曜日9時のフライト。
手荷物で出発〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに!〜その13

興奮冷めやらず...半ば放心状態で劇場を後にした。
日本のファンの方に声をかけられ、一緒に駅まで。
こうして交流がすこしづつ増えて行くのも嬉しい。
2月以来2回目の観劇とか。
みなさん、本当に熱心。

東大門歴史文化公園駅で降り、さて夕飯は?

前にも行ったことのある店で一人打ち上げ。
珍しく日本語の話せる店員さんがいた。
日本語のメニューを持ってきてくれて、私がマッコリの種類を聞くと説明をしてくれた。




ちょうどお店もすいてきたところ。
「少しお話ししてもいいですか?」
と。
彼も自分のマッコリを持ってきて、話し相手になってくれた。
最初はハングルで。でもあまりに日本語が上手なのでそのうち日本語メイン。
日本に6年も住んでいたとか。私がピアノの先生に似ていてなんか懐かしくなったとか(笑)
ずっと飲みながら話していたかったけど、翌日は5時前に起きなければならない。
残念だったけど、また来ますね〜とお店を後にした

最終日の午後から一気にいろんな人との交流。
本当に終わりよければ、すべてよし!

そんな旅になった。

あまりに素敵だったジェボムさん。
また早く会いたい〜そんな気持ちでソウルをあとにしたheart03happy01happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

ついに!〜その12

17時過ぎに劇場に到着。

ついに!やっと!ホントいろんな想いでいっぱい。



Cimg0268



Cimg0269

写真撮ったりチケット引き取ったり。
顔見知りのファンカフェ の方がいたのでちょっと挨拶。
少しお話。
「今回の役はかっこいいって評判ですね〜」
と聞くと、やはり好みはいろいろのようで...
みんなが同じ意見ではないみたい(笑)
「退勤ありますか?」と聞くとまだわからないとのこと。
公演を見にきたんだから...と自分に言い聞かせて、期待しないことに。
いざ会場へ
Cimg0271

Cimg0273
頑張っただけあって、贅沢な席(笑)
リョウクのマッコンなのによくここが取れた〜

いよいよ開演。
やはりミュージカルは音楽に気持ちを持って行かれうっかりすると内容から置いていかれる。
それでも構造としては王道ながらよくできてる..。

1幕は出番が少ないときいていたので、そのつもりで見ていたがあれ?と思う黒いマントの男?

そんな姿で思わせぶりの登場のあと、1幕が半分くらい?進んだ頃に現れた。
あまりのかっこよさにもう息も止まりそう(笑)

1幕はどちらかというとアガサの苦しみをじっと見つめる切ないロイ。ツーッと伝う涙にこちらの心も張り裂けそう。

1幕終わって、私は涙が止まらなくなっていた。
正直内容のディテイルからは置いてかれてたけど、ロイという人物の意味はわかり、そこに一喜一憂。
ジェボムさんの今までの公演以上のオーラにも圧倒された。

2幕も勿論圧巻。
ラスト近くのアガサとのぶつかり合い。
アガサがロイを振り切り、元の世界へともどっていくくだり。
すごかった。大満足でした。




カテコのときのジェボムさんは、やりきった感を見るものに感じさせる表情。
カーテンコールはスタオベでした。
どうも退勤もある様子。

カフェの会長さんに、本当にすごいですね〜と声をかけ、しばしどれだけ感動したかをお話し。

30分近くたって、かなり疲れた表情のジェボムさんが現れた。
ご機嫌はイマイチかな...それでもあえて幸せ。

久しぶりの退勤待ちで私もものすごーく緊張していた。
そしていよいよ順番。

「お久しぶりです」
と言ってノートを差し出した時、奇跡がおきたw。
いつもならそこで名前を聞かれ、やっぱり覚えてないよねーと寂しさがよぎるのだけど....
「○◯◯?」と私の名前を言い当てた?

もうびっくりして、「네」しか云えなかった。

ノートの前のページが透けて見えてわかったのか?カフェのカキコミを見たのか...?
覚えているわけはないけど、それでも嬉しくて、心臓が口から飛び出しそうで...
他の話はできずに終わった^^;
「本当に素敵でした。막공にまた来ます」
私が言えたのはこれだけだったと思う。



それでも本当に久しぶりに写真もとってもらって、最高のひと時でした。

그냥그냥~
そんな気分でずっといたけど舞台もあまりにも素敵で、奇跡も起きて、あたまのてっぺんがしびれるくらいの幸せを味わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに!〜その11

ホテルのチェックインの時間よりだいぶ早かったのでお部屋には入れず、荷物預けて再び外出。
신당역にてチングと再会。

前にも連れて行ってもらったトッポギのお店へ。

Cimg0263

日曜日の昼だけあって家族連れでお店は混んでました。
日本語と韓国語で会話。
ひとり旅は気楽でいいけど、やっぱり話し相手はいた方がいい〜

昼夜逆転して忙しく毎日を過ごしてるのに私のために時間を作ってくれてありがたい。
本当に素敵で、ありがたい縁を感じる。チング家族は犬を買い始めたとのこと。名前は행복(しあわせ)

デザートのアイスまでご馳走になり、またの再会を約束して別れました。

ホテルに戻りチェックインをし、支度!
いざ出発〜
ちなみに東横イン東大門のようす↓
Cimg0266
Cimg0265
お掃除も行き届いていて、なんでもそろってるし。
やはり日本系のビジネスホテルってすごい!
コスパ高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

ついに!〜その10

あっという間に3日目。

この日は忙しい。
まず、ホテルを移らなくてはならないので荷造り。
そして、友人との約束もあるし、夜はこの度のメインイベントが控えていた。
朝起きて、簡単に朝食を頂き、チェックアウトをして、一旦荷物を預けた。
そして、向かうは대학극장
恒例?のモーニング映画。
悩んで選んだ映画『화장 』
火葬と化粧をかけたタイトルにひかれて。
主演はアン・ソンギ
Cimg0261
Cimg0262
末期がんの妻の介護をしながら、若い女性に心ひかれる男性の話。
その介護があまりにもリアルで、日本映画はこうは撮らないのではと思うところが随所。ドキュメンタリーかと思うようなリアルさでちょっとビックリした。
予告編を見て、見てみたいと思ったのだが、全編にわたり、もちろん楽しい映画ではなく、なんか朝からみるにはいいものではなかったのが正直な感想。
つまらないわけではないけど、あえてこれを見る必要も無かったのかもと、ちょっと後悔した。
火葬で葬られる死者。化粧は幻のような現実。
結局葬られたのは、死者だけでなく、自分の思いだったり・・。
たぶんいろんな事が込められているのだろう。
5000ウォンで見たから文句は無いけど、最後まで悩んだもう一つの『장수상회』
をのちのち、ジェボムさんがオススメしたりで、ちょっと後悔の残る選択でした。
映画終わって、荷物をピックアップして、初めて泊まる東横インにタクシーで移動。
地図をタクシーのアジョッシに見せても分かろうとせず、結局雨の中変なとこで下ろされた。
大荷物を引きずって結局歩く事に。
せっかくの日なのに、朝から気分がブルー続き・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに!〜その9

お芝居が終わり、さてどうするものか?

トースト食べてしまったから、お腹はさほどすいてないけど、でも食べないのもな〜
さっぱりと冷麺食べたいな〜。なんて思いながら、さまよっていると、冷麺が食べれそうな食堂があった。
大学路でのお食事処を開拓したかったので、こちらに入ってみる事に。

冷麺とビールを頼んででてきたのはこちら。
お肉とのセット?
普通がどうなのかが今ひとつ分かっていないけど、夕食にはいい感じ。
冷麺のスープ?も麺もおいしくて、お肉はちょっと甘めだったけど、お肉と、大根の酢漬けとのバランスがよくて、お腹が凄く空いていたわけではなくても、思わず食べてしまった(笑)
大変おいしかったです。
今回は大学路の食事どころが開拓出来てよかった!
いずれもヒット!

ネットの情報もいいけど、自分の嗅覚も大事だな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに!〜その8

いよいよ「경숙이,경숙 아버지」



劇場は、수현재 시어터

あのチョ・ジェヒョンさんの所有する劇場。
(というか、この建物全部が彼のものらしいが・・)
下の劇場には、とても縁があって出来て以来、頻繁に来ておりましたが、こちらは初めて。
客席数は、下の二つのちょうど間くらいだったかな。
300くらい?俳優座劇場くらいかな

舞台の奥行きが意外に無い感じで、使い勝手はあまりよくないのでは?

なんて思っていると、始まった。

そして、私は自分の大きな過ちに気がついいた。

このお芝居、舞台が地方。
そうなんです!全編にわたり方言(사투리)
お話の展開は複雑ではないので、内容はわかるけど、これには参った。

なんだか、台詞の楽しさ、奥深さを感じる事出来ないままで終わり、ちょっとフラストレーション。もっとちゃんと予習すればよかったと深く後悔。
それでも、自由人な父への思いと、離ればなれになっても切れる事のなお

父と娘の絆や、ちょっと変な家族だけれど、家族とは・・・

ぐっと涙をそそるようなそんな作品でした。
경숙役の女優さんが、何とも魅力的だなと思ったら・・・
なんと昨年『半神』でシュラを演じた方でした。(ココまた不勉強)

自分の不甲斐なさ故、存分に楽しめなくてちょっと残念な結果に。
予習して、頭でなぞるのが嫌だななんて生意気におもっていたけど、まだまだそんな域では無い事を思い知らされました。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

ついに!〜その7

食後はカロスキルまでお散歩〜。

こちらは土曜の午後とあってかなりの賑わい。
かわいいお店をのぞきながらも、やっぱり高く感じる...円安なんとかなんないかな...

でも久しぶりのカロスキルは楽しい。




どこかカフェでお茶いたいけど、時間もあまりなく...
旅って予定通りにいかないな〜。

大学路で夜のチケット買わないといけないから後ろ髪引かれながら戻ることに。

その道すがらチングからメール〜
やっと連絡ついた!
日曜日のお昼に会うことに!

ようやく心も軽く、ホテルに荷物を置いて大学路へ

この日はこちら。
「경숙이,경숙 아버지」
劇団コルモッキルの代表作だったときいて是非見たいと思っていた。が予習をしない私...

ここに大きな過ちが...,

残すところ1週間〜
Good bye 割引があると書いてあったから、安く買えるものと思っていた。
が、それは当日券をネットで買った場合。しかももちろんグローバルサイトではそんなのはなく...
過去にスヒョンジェカンパニーの作品見てたらその半券で割引...もネット適用...

アウエイ感を大きく感じた瞬間。weepshock
結局定価で購入....

開演まで時間があったので、初설빙
さすがにかき氷ではないけど...前から気になっていたトースト(さっきあんなにがっつり食べたのにね)



さっきあんなに食べたのにーでもクセになる美味しさ。
毎回食べたいな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

ついに!〜その6

二日目。
この日もいいお天気〜。

映画?
とも思ったけど、とりあえずお買い物タイムに当てることに。
チングとも連絡とれずで、午後の予定も決められない...。

なんか行き当たりばったりの旅。

10時過ぎだと、まだ静かな明洞。
ハーモニーマートの場所を確認し、チングに頼まれていた化粧品を先に買い...お土産買ったり〜

久しぶりに大きなソフトクリーム食べたら、お店が悪かったのか?美味しくなかった。



そんなことしながら、昼も過ぎ....

さあどうする?

昼もお芝居観るか?

久しぶりに旅行気分も味わいたいので江南方面に足を延ばすことに。
先日ツイッターのフォロワーさんが紹介されていたお店、サルカゲへ

アックジョンの駅から歩いて5〜10分?

午後1時を回ったくらい?
満席。
「ちょっと待ってくださいね」
と。
すぐにひと席空いたのでラッキーと思ったら
「後ろの方を先に案内しますがいいですか」
と...
なんでだ?と思いながらついつい「ね〜」
と言っている自分。

そのあとはなかなかあかず...

広めのお席があきそう。
また後ろの方をになるのかな?
と微かな不安。

取り越し苦労でした

(後から気づいたのだけど、さっきの方々は私より先について車を停めにいっていたみたでした)

ゆったりお席のお外に近い開放的なお席。

「何にしますか?」
と「定食でお願いします」
「定食は2種類あってトッカルビとイカの炒め物の定食があります」
「どっちが人気ですか?」
「トッカルビはいつもあるメニューでイカは今日初めて作ったメニューだけど、美味しいと皆さん言ってくれてます」
と。
イカ好きな私はそれならイカの炒め物で!と。
「ちょっと辛いですが大丈夫ですか?」
と。
とても感じのいい店員さん。

そしてお盆に揃った定食が運ばれてきた〜
有機野菜を使った、素材にこだわったお店。
全体的にピリ辛ですが、どれも美味しかった!
サラダのドレッシングも絶品で早々に平らげると、お代わりを持ってきてくれた〜^^



完食しました!

お店はこじんまりしてますが、お店の割にスタッフもいて、気配りも抜群のお店でした。

こういうとこはやはり江南だな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

ついに!〜その5

弘益大大学路アート大劇場を後にしこの日の目的はこちら。

「柔道少年」
劇団カンダの作品で、昨年の初演時には話題になっていた。
タイトルからもなんか動きの多い、熱い作品?と勝手に想像。
韓国で今まで観たことのないスタイルの作品に触れてみたかったので、今回はコレに決定!
この日は前売り時点で売り切れ。
買っておいてよかった〜

劇場はアートオンシアター。
この建物には何度か来ているが、この5Fの劇場は初めて。

下の劇場は椅子もフカフカでしたが、ここはパイプ椅子。

日本でいうと、下北の駅前劇場みたいな感じかな?

舞台は柔道場の畳が敷き詰められている。

全く予習しないで行ったので、みんなが柔道選手なのかと思ったらそうではなかった(笑)

話はとてもシンプル。

バトミントンの選手の女の子に田舎から出てきた柔道選手と元々女の子と親しいボクシング選手がそれぞれ恋をしているというお話。

柔道の技を見せたりと、観客飽きさせない演出でとても楽しかった〜。

韓国で動きの多い演劇をあまり見たことがなかったので新鮮だった。

Cimg0228
Cimg0231  
カーテンコール撮影OKを知らず、慌てて写真を撮ったらどれも今イチ。
とりあえず、記念です。

一瞬出待ちでもしてみる?と思ったけど、待っている子たちがあまりにも若くて...アジュンマは潔く退散(笑)

夜になるとさすがに風が冷たく、温かいものが食べたくなった。

でも20時公演のあとにおひとりさまの食事処はなかなかない。



ぐるっと歩くと、カムジャタンのお店?におひとりさまのメニューがあった。
思い切って入って見た
「뼈해장국? 주세요~」

この時の私は一人前のカムジャタンを想像してた。
が....
どうも違う。
お肉は鶏肉。
スープを口にすると....おいしーーーい!!!!!!
すごーく嬉しくなったsmilesmilehappy01happy01






お店のアジョッシに「初めて食べたけどものすごーくおいしい!」
というと嬉しそうに「そうでしょう?!」
って。
「韓国好きでよく来るんですよ」というと「쟁일교포?」と人生で初めて言われた(笑)
(私のお顔だと、韓国でとてもなじむようで、よくアジョッシに道を聞かれたりするんだけど、韓国語があまり上手じゃないからそう思われたのかな〜)
一人の私に、お店の方は皆さん親切で、とても幸せな夕食のひと時でした。
こちらのお店は、また絶対行くな!

| | トラックバック (0)

ついに!〜その4

三清洞から教保文庫へ歩く道すがら、あまりの警察官と警察車両の多さ驚いた。

セオル号の事故から1年。

政府の対応へのデモがいろんなところで起き、その取り締まりだったよう。
「教保文庫へ行きたいんだけど」
という私に、地下をくぐって、向こうに出るようにと指示をされた。


ソウルってなんだかすごいー。

そんなことを思いながら、目的地へ。

この日は新しい教科書とこちらを購入。




HOT TRAUCKSではFTの新譜。
外の喧騒がすごいので地下鉄を使ってホテルへ戻り、荷物を置いて大学路へ。

そして私が一番最初にとった行動は、アガサの劇場にて、OSTとパンフの購入。
この旅で一番買いたいものをとりあえずゲットしておきたかった。



以外に遠いこの劇場。
正直、予習を兼ねて行っておいてよかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »