« 掟破りの旅〜その2 | トップページ | 掟破りの旅〜その4 »

2015年6月 8日 (月)

掟破りの旅〜その3

昼の公演があまりにもよかったので心ウキウキ。

お天気もいいし、本当に気分が良かった。

さて、夜は懐かしのヨンガンホールで「Mバタフライ」。
バスで移動のつもりが、なかなか来ずです、タクシーで。






難しいと書いてあるのを見たり、すごく泣けると書いてあるのを見たり..,
さて、言葉の問題はいかに?

結果...とても素晴らしい作品でした。
残念な事は、作品に対して劇場が大きすぎ、マイクを使わないで上演するには少し無理があるかな...。

バタフライを演じるソンウくん。
女声にするため、どうしても声が細くなりセリフが聞きにくい。

会場全体が張り詰めた空気で少しでも余分な物音を立てようものなら、他の観客の冷たい視線が飛んでくる。

これは本当にもったいないな。

日本で言えばコクーンくらいのキャパはある劇場。作品によってそもくらいの対応があってもいいのでは...

それを除くと本当に申し分ない。

戯曲の構造が優れていて、ルネの独白はまるでシェイクスピア劇のよう。
リチャード3世やオセロのイアーゴが(そんな悪巧みをしてるわけではないけど)語るように、そのセリフのひとつひとつが心地よかった。

ソンウくんも健闘していたけど、これダヒョンさんだったら息を呑むくらいの感じだったんだろうな。
バタフライがスパイとしてルネに近づき、そしてはよ彼を本当に愛するようになり...
最後の種明かし。それを受け入れられず、最後は自らの死を選ぶルネ。

ベストキャストではないな〜と思いながら、でも、切なさに涙し、まだまだこれからなんだろうけど、そのポテンシャルを感じさせてくれるとチョン・ソンウという俳優に満足させてもらいました。



また機会があるならもっと小さな劇場で、観てみたい作品でした。

気を良くして、初めてジェボムさん以外の方の出待ちをしてしまいましたcoldsweats01



退勤も成し遂げ、せっかくここまで来たのだからと、久しぶりのユッケ丼。
相変わらず美味。



ジェボムさんぬきでこんなに幸せな気分で旅の初日を迎えたのは本当久しぶりでしたhappy01

|

« 掟破りの旅〜その2 | トップページ | 掟破りの旅〜その4 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/60298304

この記事へのトラックバック一覧です: 掟破りの旅〜その3:

« 掟破りの旅〜その2 | トップページ | 掟破りの旅〜その4 »