« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月20日 (木)

オーチャードにて

「青い種子は太陽の中にある」

寺山修二生誕80年、蜷川幸雄80歳。
そんな文句にひかれて、久しぶりに蜷川作品を観に行ってきた。

私にとって初のオーチャードホール。

作品の舞台は、1963年。
オリンピック前の高度経済成長の途中。
混沌とした時代。
ルンペン、朝鮮人...そんな言葉が飛び交う戯曲。

何だろう...
作品と劇場がこれほど合わないかんじは...。

1人の朝鮮人が、アパート建設の現場で足場から落ちて、死んでしまう。
しかしその建設現場は、事故をもみ消し、死体をコンクリートの中に隠す。
その一部始終を目撃した青年は..,

猥雑な、空気が立ち込める世界なのに、なんだか絵空事のように見える劇世界。
その街に生きる、いわゆる
底辺で生きる人が必死で生きてる感じがしない。

時代を身体で表現しようとする感じが、作品を生き生きとしなかった。

主演の亀梨くんと高畑充希ちゃんが検討していただけに、長く演劇をやっている役者たちの勘違いががっかりだった。

音楽が松任谷正隆というのもやはり違ってたな。
シーザーがいいというわけでは ないけど、ポップスでまとめられてもね...

そしてなぜ歌詞をサイドに字幕を出す必要があったのか?
歌詞は歌で伝えるべきだろう。
伴奏と歌のバランスも悪かった。

話題性で作品を作るのもいい。
化学反応を期待するのもいい。

ただ、今回は違ったかな。

体調も決してよくないであろう蜷川さんが手がけるべき作品ではなかったのでは。

ただし2000席の客席の9割は亀梨くんのファンで私のような目線では観ていなかっただろうけど。

| | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

今年も暑かった〜その2

劇場では顔見知りの韓国ペンの方々とお話をしたり..
そんなことも、旅の楽しさにつながる。
なので、ジェボムさんの公演を観に行くときは、一人でも一人でないようなそんな気分(笑)

公演が終わって、食事会の場所へ移動。
いわゆる韓国の居酒屋さん?

ボックス席ぽくて、見渡せる感じではない。
そして、私とチングとフォロワーさん、日本ペンが4人一緒に。そして、センパの時に顔見知りになった日本語がとても上手な韓国ペンの方。

さて、この席に来てくれるだろうか...?

2つのテーブルを回ったあとに、私たちのテーブルへ。そしてなんとまた私の目の前!

日本ペンに大サービスで(笑)日本語で挨拶をしてくれ、知っている言葉全部言って、これが自分の知っている日本語の全てとおどけてくれる。

本当にキュンキュンheartheart

日本人の名前は難しいと..だから覚えてなかった...

ジェボムさンのグラスが空いた時、横にいたお友達が、私に促してくれて、ビールを注いであげるという絶好の機会。それで大満足なのに、なんと私にも注いでくださった。

もっと色々聞きたいこともあったけど、なんだか終始和やかで、20分くらいは同じテーブルにいたかも。

本当に幸せでした。

私たちが帰るちょっと前にジェボムさんもお店を出られて、その前に挨拶に来てくれたので握手にてお別れ。
久しぶりのスキンシップでした。

まだまだ私の韓国語力は足りないと感じながらも幸せな時間。

これも温かく迎えてくれたカフェのみなさんのおかげ。

楽しかったな







お料理も美味しかった〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

今年も暑かった〜その1

今年、4回目のソウルへ。
昨年7月の連休で行った時に、あまりの暑さにやられて、ボロボロ担ったので、今年は暑さが落ち着いた頃に....と思っていた。
でも、ジェボムさんのファンカフェの食事会が8/2にあると聞き、どうしても参加したくて、8/1~3で飛びました。
一人でも参加するつもりだったけど、お友だちも巻き込んで、一緒に参加。

今回は書きたい順に想い出を記録。



旅2日目、ジェボムさん主演の「デストラップ」昼夜観劇。相手役?はドヒョンさん。
奇しくも、昨年と同じペアでみることに。
音楽の使いかたがちょっと変わったことを除いては、昨年とあまり変わった印象はなかった。

ただ、昨年はこのペアの初日を観たから、絶妙な緊張感で本当に素晴らしかったので、ちょっとぬるい印象。特にドヒョンさんが疲れていた?

霊媒士も昨年はセラざんだったし、他のキャストも含め大満足ではなかったなかった。

でも、夜はドヒョンさん巻き返され、それに伴いウリ ジェボムさんも緩急がさすがでした。
劇中に描かれてない二人の関係が見えてくるようだったり、最後クリフォードを殺し、苦悶しながら原稿を燃やすドヒョンさんの背中、息も絶え絶えなのに報復し自分の作品を守ろうとするジェボム.クリフォード。

マチソワして、本当に演劇は生物だ、と感じた。

でもこういう緊迫感を楽しむ作品は、やっぱり再演は楽しみがちょっと減ってしまうな。
もう少し時間が経ってから観たかったなというのが正直な感想でした。(あくまでも私は..です)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »