« 新年の抱負 | トップページ | ときめきの時間〜その4 »

2016年1月 4日 (月)

ときめきの時間〜その3

記憶が薄れてきましたが...ちゃんとね

さて、11/28のソウルのお話の続き。
ソワレは「蜘蛛女のキス」
磁石以来のムンソンさん。

この作品、たぶん、むかーしTPTの公演で見たと思うのだけど、あまり覚えておらず...しっかり予習もせずのぞんでしまいました。

スタンダードペアでない公演で、モリーナがキム・ホヨンさん。

正直、前半は空回っていた印象。
ホヨンさんが一人で芝居をやってしまっていて、全く絡んでない。
なんだか辛かった。

半ば以降、ヴァレンティノがモリーナに心を開くあたりからようやく噛み合ってきたかな。
Cimg0999

Cimg0985  
Cimg0988
他のペアを見てないし、よくわからないけどモリーナはもう少し大人の役者が演じた方がよかったのでは。きゃんきゃん、し過ぎていて、ヴァレンティノが心を許す説得力が なかったな。

ベストの相手役を得て、ムンソンさんはどう変わるのか見たかったな

劇場は初めて行ったのだけど、最近は少なくなったザ・大学路。
公演中、人の足音やら車の音やら聞こえてくる。
効果音?と混乱するほどかで、それが懐かしくもあり、ここ下北のスズナリ?と思える感じでした。

もう一回見れたらな〜と思ったけど、それは無理そうです。

|

« 新年の抱負 | トップページ | ときめきの時間〜その4 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/63305832

この記事へのトラックバック一覧です: ときめきの時間〜その3:

« 新年の抱負 | トップページ | ときめきの時間〜その4 »