« 오랜만~その2 | トップページ | 오랜만~その4 »

2016年10月26日 (水)

오랜만~その3

あっという間の1日が終わり、クロックムッシュをテイクアウトしてホテルにて一人侘しい夕食(笑)




有頂天になるほどの悦びになぜか満たされることもなく...それでもツイッターなどでその日の感想を語り合う時間。

OBプレミアムを飲みながら〜
ジェボムさん、1月のコンサートでOB飲みながら、あんまり飲まない銘柄って言ってたね。私はコレが韓国メクチュでは一番好きなのよね〜

結局、次の日どうするかを決めぬまま眠りにつきました。

朝は予定より早く目覚めるも、グタグタ。

とりあえずホテルの朝ごはんは食べず韓国っぽいものを食べに!
目指すは、いつも拝見させていただいているブログでご紹介されていたおひとりさま用のカムジャタン。
光化門の近くでした。今回はバスにすんなり乗れ(笑)迷わず到着。




똑감こそがそのメニュー。
地元の方で賑わってました。
赤いスープを見るとテンション上がる〜



お口に入れたそのお味は、시원하다~!!

辛いけどスッキリ。荏胡麻の香りも美味しくて、これこれ!って感じでした。人のココロとテンションは食によるとこも多いな。

お肉を食べるのが難しくて、周りをキョロキョロ。ちょいと苦労したけど、ぜひまたリピしたいお店となりました。

なんとなく、ぶらぶら教保文庫まで。
いつもと違うことしたいのに結局同じ?(笑)
곤の原作、도라지を探すもこの店舗にはなかった。

大学路に行く?それとも美術館に行く?

葛藤の末(笑)、サムスン美術館へ。
前から一度行って見たかったけど、美術館は時間がないとね。




最寄駅はブルースクエアのある漢江鎮駅から5分くらい。
もっとどーーんとあるのかと思ったら意外にも閑静な住宅もあるようなところ。
そして外から見るとさほど大きい印象ではない。

チケットを買って、荷物は預けるように言われた。
なんと斜めがけのバックも全部預けろと❗️
えーーーパスポートもお金もあるのに預けるなんて❗️
ちょっとゴネたら、小さい袋の用意があるからそれをもらって入れ替えてくれと、私のカバンがでかいからダメだと...
渋々言われた通りにして、鑑賞開始。

フラッシュたかなければ撮影OKの国立中央博物館とは違い、当然のことながら、撮影禁止。
ケースにうっかり触れただけでも、ブザーがなるという警備の徹底ぶり。
私財を投じてコレクションするとこうなるのね。

最初の陶磁器や掛け軸など、古い作品にはココロあまり踊らず...やはり国立中央博物館の方がいいななんて思ってましたが、現代アートのコレクションには見るべきものがありました。
ずっと作品と共存していたい〜ゆったりとそんなら気持ちに。
そして、一つの絵が私の目に飛び込んでビビビッと心震わせてくれた。近ずくと、なんとその作品は、キム・ファンギの作品。
韓国語に教科書で知った人物で韓国の抽象海外の先駆者として紹介されていた方の作品でした。
たった一つだけでしたが、教科書で見た作品よりブルーがもっと強くて、そのブルーが私を包んでくれるような感覚。ずっとその絵の前にいたいそんな気分でした。

今日、ここにきたのは正解だ!

そんな風に思わせてくれたかな。

他にも実験的アートスペースがあったりと趣向を凝らした美術館でした。



これは虹を体験できるスペース

|

« 오랜만~その2 | トップページ | 오랜만~その4 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/68119912

この記事へのトラックバック一覧です: 오랜만~その3:

« 오랜만~その2 | トップページ | 오랜만~その4 »