« もう2017年も... | トップページ | また会えたね。その1 »

2017年1月23日 (月)

오랜만〜その9

チングと食事中、ツイッターにこの日の退勤がない告知が上がった。
ガーーーーん

またもや最後にお会いできないのか...
楽しい食事中にも関わらず、意気消沈。

せっかくの旅の最後はなんか尻つぼみの気分で、劇場へ。







それでも劇場に着けば、これからの舞台の期待感。
この日の高宗はキム・ミンジョンさん。

客席は3日間の中で一番スカスカ。
そんな客席の空気もあってか?全体の流れはちょっと重いかも。
ジェボムさんも少し乗り切れてない?
ただむしろそれがいいのかも?

ジェボムさんは作品世界にすーっと入って、その人物で呼吸のできる人だけれど、それによって、正直にいうとジョンウの切なさばかりが際立つ感じもしなくはなかった。
ジェボムさんのせいというより、脚本の不足部分とでも言おうかな。
この日ちょっと冷静に役と向き合ってる感じのしたボムジョンウは、むしろいつもよりこれが運命と受け入れた感じが強かったし、泣きが少なかった分、一人の人間の人生との向き合い方を見せられた感じがした。

生意気な言い方かもしれないけど、激しく感情を震わせる芝居はやっている方も観ている方も気持ちはいいけれど、ややもすると大事なものを見失う。
そういう意味では、なんだかとても正解を見せられた気がした。
俳優はどこかで冷静でなくてはいけない。
遠い昔に教えられましたっけね、そういえば。

それにしてもミンジョンさんの高宗は...
やっぱりテレビの人だなという感想。エネルギーが半径1メートル以内でとどまってる感じでした。
歌も...ね

退勤のない寂しさを感じながらも、知り合いの韓国ペンの方とこの日の感想や日本でのコンサートについて話しながら駅まで。
おかげでちょっと心が晴れました。

明洞まで戻り、チヂミ屋さんでカムジャチヂミを食べながらおひとりさま打ち上げ。
お店の方が日本にいたことがあるといい、日本語と韓国語でお話しました。






久しぶりのゆったりの旅でした。
タイトルの오랜만、久しぶりにお会いした1日目に書いてもらった言葉。


私には夢のような時間はもうないのかな...


|

« もう2017年も... | トップページ | また会えたね。その1 »

ソウルno旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296642/69350947

この記事へのトラックバック一覧です: 오랜만〜その9:

« もう2017年も... | トップページ | また会えたね。その1 »