« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月 2日 (火)

極寒のソウルへ〜その7

この日も再び大学路へ。

前日はデモの人の波で、街の雰囲気を味わえずにいましたが、この日は本来の姿?を取り戻しているかのよう。

落ち着くな〜










相変わらずのクリスマス&ハッピーニューイヤー仕様(笑)

この日は「バンカートリロージ」の中のmorgana










これがキャストボードなんてお洒落過ぎ〜


ホント数日前まで何を観るか?悩んでた。
ストーリー・オブ・マイ・ライフで初ダヒョン様にしようかと思ったけど、冷静に考えると、評判がいい=私が好きとは限らない。

やはり演劇かな〜

いくつかの候補の中からこちらに。
前のカポネトリロージがこの劇場で面白かったのと、
未だみたことがなかったイ・ソクジュンさんとシン・ソンミンさん。
ソンミン ぺウはジェボムさんと伝説のコンサートに出てらした時に観ていたけど、作品としては初。

ただこのトリロージ(=三部作)、もちろんすべて初の作品なんだけど、この回が一番売れてない感じ?で(笑)

「マクベス」がシェイクスピアに絡めてあって一番気にはなっていた。まあしょうがない...

カポネの時も入り口から劇空間になっていてとても素敵だったけど、今回もさながら防空壕に迷い込んだよう。

天井が低い劇場の空間がこの作品にはとてもあっていた。
スラスラとここにあらすじを書けるほど、理解をしていたのかわからないけど、なんだかゾクゾクする作品でした。

戦争の最中、閉ざされた場所にいる。
そんなありえない場所で女に会う。
幻なのか?

自分の妻?恋人?が実は自分の仲間とも情を交わしている...

仲間が戦死して残されたものが、その状況に息苦しさを感じながら見るはずのないものを見て、バランスを崩していく...

記憶が曖昧になってしまっているところも多いのですが、その閉塞感、追い詰められた人間の姿そんなものが露わになり、胸が痛かった。
最後にソンミン ぺウが、死んで行った仲間たちの名前を呼び続ける姿が今でも胸に迫ります。

本当に面白かったし、もっと見たかったし、3部作コンプリートしたかった。
戯曲も読んでみたいし(日本語でね)日本でも上演してほしいな。

かなりのストライクに飛び込んだ作品に出会い、大満足な旅に❗️やはり私は演劇の方が相性がいいのかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

極寒のソウルへ〜その6

翌日。もう最終日。
教保文庫へ。
前日のデモがすごかったから果たして光化門のあたりは?と恐る恐る、直結の地下鉄を利用して。

意外にも静かでした。
人が集まってくる様子もなかったし。
さっくりお買い物をし、これなら大丈夫かな?と大好きな三清洞へお散歩。
まだ時間が早かったので、お店もこれからって感じ。
何軒かギャラリーのぞいたり、私のソウル〜って気分に!(笑)

小腹がすいて来たので、大好きな三清洞スジェビへ。

とにかくここのスジェビが好き❤️
必ず完食。この日ももちろん〜










一度遅い時間に来てドンドン酒飲みながら、ピンデドックも食べてみたい〜野望です。(笑)

お腹もココロも満たされました。
時間が早くて、伝統茶のお店が開いておらず寄れなかったのがちょっぴり心残りだったけど



鳥たちが肩を寄せ合っている姿。なんか休日〜って気分満載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極寒のソウルへ〜その5

だんだん思い出してきた(笑)

おひとりさまの夕食をどうしようかと悩みながら地下鉄に乗ってしまい...ふと東大門にあったスンドゥブとマッコリのお店を思い出した。しばらく足が遠のいていたけど、美味しいし、マッコリもたくさん種類があるからお一人のみもいけるわーと訪ねてみるとっ!
ガーーーーーーーン!無くなってました。
調べてみたら随分前に閉店してしまっていたみたい。

寒いから当て所なく歩くのも辛くて、「東大門」「スンドゥブ」で検索したら近くにお店が。そこを訪ねてみることに。

2階にひっそりとあり、入りやすい感じではなかったけど...coldsweats01

時間も中途半端だったのでお客もいず...

とりあえず注文。
チョルミョンスンドゥブなる、他では見かけないメニューを注文。

なんか間違えたものを作ったらしく、違う違うとかのやりとりが聞こえてくるcoldsweats01

そして無事に登場。
美味しいーーーー。
ご飯も久しぶりの石窯バージョン。
ヌルンジが楽しめるようお湯も置かれてました。





こんな行き当たりばったりの探索も意外に悪くないかもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

極寒のソウルへ〜その4

遠い記憶を呼び起こしながら...

極寒、そして凄いデモをくぐり抜けいつものデミョンへ。
MDはほぼ売り切れ。
公演始まって1ヶ月もたたないのに売り切れって...think
基本、プログラムやOSTフォトブック的なもの以外は買わないのでいいんだけどね....
(もちろんプログラムなんてまだ姿形も見えず...)

어쩌면 해피엔딩

この度のメイン。



ヘルパーロボット・オリバーが🤖古くなっていわゆる引退している。でも元の主人はきっとまた自分を必要とする時がくる。それを待って毎日を過ごすところに、同じヘルパーロボットの型違いの女の子・クレアと出会う。
二人はやがてオリバーとクレアはまるで人間同士のように恋に落ちて行く。だけどクレアはだんだんと故障が多くなっていき、ついにはリセットしなくてはいけなくなる。リセット=記憶も消える。クレアはオリバーを忘れてしまうけどオリバーはクレアを覚えている...ってとてもシンプルなお話(だいぶ端折ったけど)






思わず涙も流したし...でも私には甘すぎだったなー。
後半は連日売り切れの大ヒットだったけど、私はこの作品のためにもう一度ソウルに行こうとは思わなかった。
何よりこの作品のジェボムさんが、もちろん、相変わらずうまいけど、でも、今これでなくてもいいんじゃない?というのが私も本音でした。

好みはいろいろ〜だいたい、みんなが好きなヨボショもちょっと苦手な私。キレイに物語が終わるのはあまり得意じゃないかな。

マチソワして完結しました❗️

本当は土曜日は退勤があるという話だったけど、まさかの寒波に阻まれ、あっさりご挨拶だけになりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »