ソウルno旅

2017年3月13日 (月)

極寒のソウルへ〜その3

食事を終えてバスで大学路に向かうことに。
ちょうど小さなマウルバスが。

マウルバス初めて乗ったけど、マイクロみたいね〜

普段だとこの道はそんなに渋滞に阻まれることもないんだけど、何だか珍しく進まない。
そして、どうやら交通規制をしているよう...
2車線の道路が1車線づつになっている?

なんだかデモ?

バスも行き方変更?
いきなり左折❗️
皆さんが降りるのに出遅れたけど、「アジョッシ!チョドネリルケ」と叫んでおりました。






マロニエ公園に近づくと物凄い人。
車両で設置されてる巨大モニターが2つ。
光化門あたりと中継で結びながらのデモの様子。

あんまりよく聞き取れなかったけど、「アメリカの支配下に屈しない!」「大韓民国、万歳!」

この日は、本当に寒くて寒くて....そんな中、主に60代くらい?のアジョッシ、アジュンマが。

今の日本では考えられないようなパワー?

横断歩道を渡るのも一苦労の人の波なので、地下鉄の駅をくぐろうとしたら大失敗。
みんな暖をとろうとしていたり待ち合わせて居たり?駅員さんが「止まらないで❗️」と注意と誘導。

何十回と来ているソウルでこんな経験をするとは...本当に驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

極寒のソウルへ〜その2

夜中にやはり寒さを感じて目覚めました。

エアコンつけて寝ないと無理みたいね。
乾燥が苦手だけどここで風邪を引くわけにはいかない。

それでも、当日入りのような早起きが必要ないのは快適で、ゆっくりの朝。



簡単にホテルの朝食をいただき、まずは明洞で買い物。
今回は化粧品を補充。
割と調子がいいので、innisfreeのオリーブライン。
そして前回色を間違えたクッションファンはオリーブヤングで。
両親が大好きなハニーバターくるみを購入。



こんなかわいい加湿器の数々〜欲しくなってしまった。



一度ホテルに荷物を置きに行き、今度は昼食。
バスで鐘路5街へ。

バスを待つ間、凍え死ぬかと思ったほど。
ダウンのフードをすっぽり被り、それでも寒い😵...

寒さを癒すのにはやはり温かいもの!
この日は以前、チングがツイで紹介してた鶏ククスを食べに。



駅のすぐ近くと聞いていたけど、そこはデビルの公演の時一人で入ったお店が無くなって新しくなった場所...

そこでククスを食べて、私の韓国のククスが名誉回復を遂げた店だったので、ちょっと複雑。

新しいお店は明るく清潔。
そんなに混んでなかったので、鳥インフルエンザの流行のせいかしら?と思っていたらそのあとは続々と。
ニンニクが結構効いてるよ〜と言われていたけど、まさに!これが元気の秘訣?

お肉も柔らかく、ククスもコシがあって美味しかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

極寒のソウルへ 〜その1

昨日で幕が下りた「어쩌면 해피엔딩」

気がつけば、連日満席の大ヒットの中、完走した作品。

途中、クレア役のジスクさんが体調不良で休演、降板するなど、決して順風満帆とは言えない中で、よく走りきったなぁという感想ですが...

私は、ソウルに大寒波がやって来た1月にジェボムさんのオリバーに会うためにソウルへ飛びました。

12月に渡韓したので気分的には2月くらいの方が良かったのだけど、前半のスケジュールでジェボムさんのキャスケが土曜日2回が多かったのでここで決めた方が安全かな..と。
韓国の旧正月、日本の連休を除くと絞り込まれる日程は決まってしまいましたcoldsweats01

ものすごーく心配性の私。
何が一番心配かって?そりゃ、この時期は雪です❄️
雪で遅れる。雪で飛ばない。
それを考えるだけで具合が悪くなりそうで...

なので当日入りは避けたく、金曜最終便でソウルに入りました(有給とかそういうのがある職場ではないので、1時間早く早退させてもらうのもいろいろ大変coldsweats02)

お茶する時間もなかったから、機内食が夕食に。
お腹が空いていて、珍しくたいらげました。

お供は白ワイン〜

とても順調に到着し、ホテルには遅くなるけど必ず行くからね、と連絡をしておいたため、チェックインの時パスポート出したら、「大丈夫、わかってるから」って(笑)
定宿っていいなって思いましたhappy01

-6℃と言っていたけど、ANAの機内も、空港鉄道も暖房が効きすぎていたので、ひんやり気持ちがいいように思えたかな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

また会えたね〜その5

「ブラックメリーポピンズ」が終わり、この日の夜は再び「オールドウィキッドソング」を観に劇場を移動。
すぐ近くなのに、なぜか道を間違えるパボな私。
引き返して歩いていると....そこで奇跡が❗️

この日は夜公演の後退勤がない告知が出ていた。
最後にまた舞台の外の姿は見れないのね...と思っていたのですが
前から歩いて来たその姿は....
コートを翻して颯爽と歩くその姿は、まさにジェボムさんそのもの。息が止まった。

もちろん声をかけることはしなかったけど、とてもナチュラルな姿を見ることが出来て、幸せな気分heart

神様ありがとうshine

この日の夜は、マシューがアン・ソクファンさん。
どうしてもこのペアで観たくて、職場に無理を申し出て帰国を月曜にした。
アン・ソクファンさんは花男のチャンディのパパ。
そんなこともあって数年前に「笑いの大学」をこの方で観てその実力に大きな感動を得た。



そして、今回。
さすがとしか言えなかった。
まず役のアプローチが全く違う。
当たり前に本を読まないんだな。
普通に先生を演じない。
2015年のオルソンではスティーブンの心がどんどん柔らかくなっていったけど、このオルソンではスティーブンのであったことで、マシューは暗い過去から解き放たれた感じという感じ。
ラスト近くでスティーブンがマシュの肩を抱くシーンのソクファンぺウの表情とそれによって引き出されたジェボムさんのスティーブンの姿は今でもはっきり眼に浮かぶほど。

ユダヤ、ナチ...その計り知れない狭間の中で生きて来た一人の男が一人の学生との出会いによって救われた姿をこんなふうにこの人は見せるんだなと...短い公演期間だったのにこのペアを観ることが出来たことを神に感謝したい気分でした。

終わってから、一人で、行ってみたかった食堂へ。
キムチチゲ美味しかった〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

また会えたね〜その4

次の朝目覚めると気持ちが悪い...

ワタシ、海外で具合悪い?...
急に不安...

でも無理やリ吐こうとしても出てくるものもなく...

食べてるつもりでも、ああいう場ではあまり食べてなかったのかな?

なんかお腹に入れるかと、ソルロンタンみたいな(その店はソルロンタンとは書いてないのだ...)ものを食べてみると意外に食べれて...やはり二日酔いだったみたいcoldsweats01



この日は大学路で2本立て。
1本目は念願の?「ブラックメリーポピンス」
2年越しでございます。
この日はヘルマンがソンウくんで、それで観劇を決めました。

感想は、なるほど〜って感じかな。

今回お目当のソンウくん。
彼を観るのは3回目。
そして思ったこと。
感性がとても繊細でステキだけど、声も細くて...
Mナビ見たときにも気になったけど、あの時は女装してる時間が長いからそのせいかなと思ってました。

あの声の細さは、彼の持ち味だったとは...

もう少しパワーが欲しい時はちょっと物足りなく感じるかな。
十分に魅力的な俳優なだけに、期待をし過ぎて、もっと違う彼を観れるのかもと思っていただけに...ちょっと残念だったけど、きっとそこを補う何かを見つけた時に、すごい俳優になるのかな、なんて、思ってしまいました。

内容をどれだけ理解できたかはわからないないけど、美術や楽曲はとても良かった。
ただ演出は若干消化不良でしたが。

でも観れて良かった。
心残り一つ解消できました



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

また会えたね〜その3

公演が終わってセンパの会場へ。

友人が荷物を取りに一旦戻ったのを待って会場へ行くともう席が....ありゃりゃcoldsweats02coldsweats02

とりあえず空いてるとこを探し、知人のいるテーブルに入れてもらえました。

参加人数が激増し、こじんまりした会から宴会場的な規模?
センイルチュカハムニダ〜と歌い、ケーキをカット。
みんなの質問に答え(乗り遅れた私はこのカード書けなかった....)そして、各テーブルへ。

いつもやってたビンゴもなく駆け足〜

結局私たちのテーブルは最後でほろ酔いのジェボムさんとお話し。
周りがとにかくうるさくて、なかなか話が聞こえずらかったけど、それでも久しぶりに近くでお話できて嬉しかった。
が......私のブロークンなハングルがうまく伝わらず。。
横にいた韓国ペンの子がフォローしてくれるしまつ。
「上手なのに...ジェボムさんの耳が悪いんです!」
なんてなぐさめてくれて...
もっと勉強が必要なんだな....と実感した夜でした。
そうそううっかり発した言葉に「반말!」と笑われた..
気をつけなくちゃね。


ファンカフェがツイッターにあげてくれた写真です。

隣の席の韓国ペンの子たちがとてもいい子たちで楽しい時間を過ごせました。

えっ?って思うこともあったけど良いことを記憶に留めます(笑)

3年連続センパに参加できたことが本当に幸せ♥️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

また会えたね〜その2

ホテルに荷物を取りに行き、大学路へ。

お友達はなんと大学路のゲストハウスに泊まっているという〜
凄い!
私はノミ心なので環境への適応能力が低いからいつも同じ宿。
同じホテルで知った顔の従業員の方々にお会いするとストレスが一つ減るのです。

私のこの日のお席が...最前列sweat01
これは大失敗というオチが...
本当は4列目の真ん中を持っていたのにやや上手1列を見つけた時、ソファのジェボムさんの芝居が目の前で観れると振り替えてしまった...
しかしこの席はピアノが見えない見切れ...
やっちまったcrying

ちゃんと読まないといけないわね..





ジタバタしても始まらない。甘んじて受け入れました。
お話は1年前にも観ているので、そういう意味での発見はなかったけど、やっぱりいいなぁ。

ただ今回は初めてスティーブンがマシューカンと会う時の他人を寄せ付けないような感じは薄かったかな。
だからスティーブンがマシュによって変わるより、マシュがスティーブンによって変わって行くいうな印象を受けた。(あくまでも私個人の感じ方です)



これが演出意図なのか?そこは謎ですが..
昨年見れなかったペアで観れて大満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また会えたね。その1

日曜日、「オールドウィキッドソング」が千秋楽を迎え、ジェボムさんも最終日の挨拶に登壇したよう。
その後の打ち上げの会食の様子もご本人がアップされていて、短い公演参加だったけど、良いカンパニーだったことが垣間見得ました。

その「オルソン」のスティーブン。
2015年秋以来の1年ぶりの再演に再び登場。
再演ってあまり好きではないけど、オルソンはまた観たいと思ってた。もしかしたらジェボムさんの作品の中でベスト3に入るくらいに好きかも〜
そして、マシュ・カンにはアン・ソクファンさんの名前もある。
これは観なくて❤️

運良く、センパの日程でオルソンが観れる〜heart04

職場にわがままを言い、月曜日午後出勤にしてもらい、2泊3日でソウルへGO!

ホテルはすっかりクリスマスの装い。





順調に到着し、いつものようにチェックイン前だけどお部屋に入れてもらった。
そのあとはとりあえず腹ごしらえ。
参鶏湯を食べに。
논현삼계탕 明洞店へ。

本店と違ってやはりあまり混んでない...

ここあっさり味の参鶏湯は飽きずに食べれて好き。でも
気のせいか?本店の方が美味しいかな〜?

キムチとかの出方もちょっと違うところを見ると完全な支店ってわけじゃないのかな?

とりあえずは満足し、でも完食すると眠くなるので腹八分でやめておきました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

오랜만〜その9

チングと食事中、ツイッターにこの日の退勤がない告知が上がった。
ガーーーーん

またもや最後にお会いできないのか...
楽しい食事中にも関わらず、意気消沈。

せっかくの旅の最後はなんか尻つぼみの気分で、劇場へ。







それでも劇場に着けば、これからの舞台の期待感。
この日の高宗はキム・ミンジョンさん。

客席は3日間の中で一番スカスカ。
そんな客席の空気もあってか?全体の流れはちょっと重いかも。
ジェボムさんも少し乗り切れてない?
ただむしろそれがいいのかも?

ジェボムさんは作品世界にすーっと入って、その人物で呼吸のできる人だけれど、それによって、正直にいうとジョンウの切なさばかりが際立つ感じもしなくはなかった。
ジェボムさんのせいというより、脚本の不足部分とでも言おうかな。
この日ちょっと冷静に役と向き合ってる感じのしたボムジョンウは、むしろいつもよりこれが運命と受け入れた感じが強かったし、泣きが少なかった分、一人の人間の人生との向き合い方を見せられた感じがした。

生意気な言い方かもしれないけど、激しく感情を震わせる芝居はやっている方も観ている方も気持ちはいいけれど、ややもすると大事なものを見失う。
そういう意味では、なんだかとても正解を見せられた気がした。
俳優はどこかで冷静でなくてはいけない。
遠い昔に教えられましたっけね、そういえば。

それにしてもミンジョンさんの高宗は...
やっぱりテレビの人だなという感想。エネルギーが半径1メートル以内でとどまってる感じでした。
歌も...ね

退勤のない寂しさを感じながらも、知り合いの韓国ペンの方とこの日の感想や日本でのコンサートについて話しながら駅まで。
おかげでちょっと心が晴れました。

明洞まで戻り、チヂミ屋さんでカムジャチヂミを食べながらおひとりさま打ち上げ。
お店の方が日本にいたことがあるといい、日本語と韓国語でお話しました。






久しぶりのゆったりの旅でした。
タイトルの오랜만、久しぶりにお会いした1日目に書いてもらった言葉。


私には夢のような時間はもうないのかな...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

오랜만~その8

4日目。
朝から頑張って映画館へ。
いつもの대학극장。お目当ては「阿修羅」





実は以前はウソン好きでした(笑)
熱狂的ではなかったけど、かなり好きでした(笑)
そしてこの映画またしても、ファン・ジョンミン出演作。この方とは縁を感じます。(笑)
そうそう、ジョンミン作品にはいつも出ているビオラの彼も出てました!

内容は...................ちょっとね。
刑事が、奥さんの病気のためにお金が必要で...という王道な理由で...裏の社会と繋がって...
誰も救われない、血生臭い映画でした。
ただただウソンがかっこよかったのと、人情味溢れる役の多いジョンミンさんが悪の権化みたいな役で...
ラスト近くの彼を潰そうとした反対勢力の男を追い詰めて、仲間の女の足を切り落とせば助けてやるというとこなんてもう怖かった...
それ以外は...う...ん。
最後のウソンのモノローグもちょっと安っぽかったしね。
でもキャストは豪華で、モーニング料金5000ウォンなので特に不満はなかったけど。
でも朝から見る映画でもなかったですcoldsweats01


そのあとは、1年ぶりに韓国のお友達とご飯。
彼女の住む新堂へ。
バスが便利〜
「オンニ、何食べたい?」
と言われ「やっぱりトッポッキかな」といつものアイラブトッポッキへ。
サイドメニューにタッパル(닭발)があるのを見て、こちらもリクエスト。



実は初体験。ゲテはいける方なのでたぶん大丈夫かな〜
しかし、いきなり手袋出てくる。
うーーーーん?どうやって食べるんだ?
そこはチング❗️한국사람이다!
上手に食べるのを見様見真似で。
難しいし辛いし、でも美味しい❗️
なかなか刺激的な体験でした(笑)







ゆっくりご飯を食べ、チングのお店にて今人気というジーンズをちょっとおまけしてっもらって購入〜

久しぶりに会えて楽しかったheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧