スポーツ観戦

2014年3月 1日 (土)

オリンピックも終わって...

ソチオリンピックがおわって早一週間!

時差の関係で、夜中観戦はキツく...
寝ないで観てたのは男女のフィギュアスケートくらいだったけど。

大好きな高橋大輔、そして韓国のキム・ヨナがお目当て。
大ちゃんは、メダルを取りに行くような勢いこそなかったけど、4回転ジャンプは決まらなかったけど、
素敵な演技を見せてくれた。
かなりケガが長引いて、満身創痍の状態だったよう。
ベストなコンディションで臨めないのは辛かっただろうけど男子フィギュアーを牽引してきた彼ならではのオリンピックでの演技だった。
本当に涙しました!

そして女子。
みんなは日本選手、とりわけ浅田真央さんの最後の演技の素晴らしさに歓喜してましたが..,

私はキム・ヨナ選手のこの4年間を思うと、それこそ
本当に素敵で、類稀な選手だと思う。



あの表現力は素晴らしいし、あのメンタルの強さ。

韓国人は日本人ほど優しくない。

活躍してる時の熱狂はすごいが、一度結果が出なければ、バッシングは半端ないな。

世界選手権で2位になった時、
キム・ヨナは「誰からも良くやったと言われなかった。1位以外はビリと同じ」
と答えたインタビューを読んだことがある。

今回オリンピックに挑戦するには大きな勇気が必要であり、日本ほど盛んでないフィギュアスケート界のために一つの使命だったのだろう。




ノーミスで演技をし結果2いではあったけど、
最後の彼女の表情は忘れられない。

今まで感動をありがとう。
あなたは私の憧れの女性です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

横浜高校、まさかの逆転負け・・・・

私は、昔から、高校野球のファンである。
正確には・・・横浜高校と早稲田実業のファン。coldsweats01

横浜と早実なんて書くと、おそらく松坂にハンカチ王子と思われそうだが・・・・・違うんだな。

私が初めて高校野球に熱をあげた62回大会の決勝戦が横浜高校と早稲田実業。

その後、横浜は地元神奈川代表と言うこともありずっと応援してきた。
(荒木大輔を擁した早実はその年から続けて3年連続出場をしたのち、10年以上も甲子園に姿を見せなかった。ちなみに、私が好きだった当時の早実は東東京代表でしたが)

なんだろう、横浜高校への想いって・・heart02

初恋の相手を忘れられないみたいな?
とにかく、チームにイケメンがいなくても好き。heart04
校歌も大好き〜heart01

今年のチームは本当に派手さがなかったけど、基本を大切に、野球をやる姿に好感がもてた。

初戦も当然圧勝か思っていると、追いつかれ・・・なんとかサヨナラ勝ち。baseball
そして、今日。
ワンセグでチラ見しながら、仕事をしてると8回裏まで4対1。
8回裏の攻撃で、チャンスをものに出来ず、追加点が入らなかったとき、ちょっぴり嫌な予感がした。coldsweats02
でも・・・今日はこのまま勝つだろうと、思っていた。

ちょうど、仕事でバタバタしている間に、気がついたら試合がひっくり返っていた。
最後まで、祈るように見守ったけど・・・横浜高校の夏は終わってしまった。そして、私の夏も・・・.

投手の柳くんが9回途中まで好投しただけに、ホントにかわいそうだったけど、試合は時の運。

横浜高校選手の皆さん、お疲れさま。
派手でない分だけ、野球の醍醐味を見せてもらいました。
2年生の多いチームだから、またパワーアップして、来年も、春も夏も、甲子園に姿を見せて下さい!!

そして、渡辺監督、ずっとずっと元気で、横浜高校の指揮をとってください!


しかし、今日スタンドに、62回大会の横浜高校の優勝メンバーOBが、応援にきていた。
今から、31年まえとか・・・・。すっかりおじさんで・・・(笑)
あれから31年ですか。(苦笑) 私は、いくつ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

高橋大輔くんおめでとう!!

昨日の男子フィギュアースケートに感涙shine

もともと、大のフィギュアースケートファン。グランプリシリーズのテレビ放送は、全部、録画し観戦するほど。
最初の頃は、女子にしかあまり興味がなかったけど、トリノオリンピック前のシーズンで、ランビエールのスピンに圧倒されてからは、男子のフィギュアーも・・・むしろ、男子フィギュアーの方が、好きになった。
プログラムも時間的に長いし、スピードも女子より早く、ダイナミックに見える感じがステキheart02
舞台芸術、とくに演劇やコンテポラリーダンスなどに慣れ親しむ私には、あくまでもスポーツというスケーターより、芸術性を追求している、芸術点の高い見せるスケーターをよりひいきにする。
過去には、長野オリンピックで銅メダルに輝いた、フィリップ・キャンデロロ・・、最近ではスイスの
ステファン・ランビエール、そして、日本の高橋大輔。
けがをする前のシーズンでみせた、『白鳥の湖』のヒップホップバージョンは圧巻だった!!

昨シーズン、けがで欠場し・・今シーズンは4回転ジャンプがほとんど決まらなかった。

オリンピック出場枠は3枠あるから、出場は間違いないだろうが、メダルは・・・???
そんな風に思ってた。

だって、プルシェンコなんて、トリノ以来、出場していなかったのに、急に出てきてはヨーロッパ選手権で優勝してるし、ランビエールも昨シーズン引退したかと思ったら(その時はかなり私は落ち込んだ・・・)オリンピック出てるし・・アメリカ勢も侮れないし・・・。think
しかし・・・
始まってみたら、SPで3位発進。
おーっ!!\(^o^)/

昨日の、フリー。
もちろん、家で録画はして出かけたけど・・・仕事中結果が気になり・・・
机のPCをオリンピック速報に設定し、オンタイムで状況を把握。
時々、こっそりとワンセグでチェック。(はい、仕事中です・・)

そして、最終滑走後半は、お昼を食べながら、事務所のテレビにて観戦!!

4回転で転倒し・・・思わず息をのんだけど、その後の立て直しが素晴らしかった!!
GPシリーズで、あのあとボロボロになった試合があったけど・・・
もう、素敵すぎて、体が震えました。
多分、家で一人で観ていたら、号泣していただろう・・.
オリンピックの大舞台で、雰囲気に飲まれずに、自分の力を出せるなんて・・・感激!!

その割には、得点がシビアだったけど・・・。
それでも、ランビエールを抜いた!upscissors

終わってみたら、銅メダル!!
おめでとうー!!

家に帰宅後、3時間かけて、第1グループから最終滑走のプルシェンコまで、じっくり観て、昨晩は
眠りに就きました。sleepy


Oai1002200508002p4   写真の出処/sanspo.com


P1020933

新聞も、昨日の夕刊も、今朝の朝刊も大輔が1面sign03

| | トラックバック (0)